名品紹介

銹絵水仙文茶碗(さびえすいせんもんちゃわん)

銹絵水仙文茶碗

金森宗和(かなもりそうわ、1584-1656)とその母の菩提寺、天寧寺に宗和が施入した茶道具一式の内のひとつである。器形は仁清窯独特のもので、胴には釉下(ゆうした)に白泥で盛り上げ、薄くレリーフ状に水仙を描き、その上に銹絵を施している。さらに花の部分は周囲に吹き墨風な銹絵を施している。宗和好みを示す典型的な作例であろう。高台内に「仁清」の小印が押されている。

野々村仁清作
高8.6 cm 口径12.4 cm
高台径4.0 cm
江戸時代(17世紀)
京都 天寧寺

拡大図


京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ