名品紹介

堆黒屈輪文盆(ついこくぐりもんばん)

堆黒屈輪文盆

堆黒は中国で「剔犀(てきさい)」とよばれる彫漆品の和名で、木胎に黒漆と朱漆の層を何層にも塗り重ね表面を黒漆塗りし、これに文様を彫刻した漆芸品である。その製作は宋時代にはじまり、明・清時代には大量に造られ、その遺品は多い。
本品は珍らしく9稜をもつ輪花の盆で、元末明初の作と思われる。面全体を引締めた屈輪文でうめつくし、厚い漆の層をするどく、深く彫り起した彫漆工芸の優品である。

高5.4cm 径37.2cm
中国 元時代(14世紀後半)
H甲35
京都国立博物館

拡大図


京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ