名品紹介

秋草蒔絵歌書箪笥(あきくさまきえかしょだんす)

秋草蒔絵歌書箪笥

高台寺蒔絵は桃山時代を代表する蒔絵。その技法は簡略、意匠は斬新である。この箪笥はその最高級の遺品の1つ。
歌書箪笥とは『万葉集』『古今和歌集』『新古今和歌集』など貴人の基本的教養の書を納めるためのもの。本品は2列5段の引出をもち、深い被せ蓋をもつ構造をとる。
総体黒漆で塗り、蓋の天板から側面、身の天板から側面、引出面、すべてに菊・萩・薄・撫子・桔梗などの秋草を主題に金平蒔絵のみで施している。驚くことには、外から見えない引出側面にまで秋草が配されていることである。

縦22.0cm 横31.5cm
高38.0cm
桃山時代(16世紀)
京都 高台寺
重要文化財

拡大図


京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ