これまでの展示

特集陳列 丹後の仏教美術
2016年7月26日 ~ 2016年9月11日

 海と山に囲まれ、明るく澄んだ風光に恵まれた土地――丹後。京都府北部に位置するこの地域は、日本海を挟んで大陸と近く、都との関係も密接で、古代より人と文物の交流が盛んでした。そのため、歴史を通じて重要な寺社が営まれ、豊かな信仰や優れた宗教美術が育まれてきました。
 今回の展示では、丹後地域の寺社に伝来した貴重な絵画や工芸品、彫刻を特集します。とくに注目は、京丹後市縁城寺の本尊、千手観音立像(重要文化財・平安時代)です。秘仏のため、普段は拝観することができません。この機会にぜひご観覧ください。その他にも、重要文化財を含む多くの古像や、仏画、絵巻物などを一堂に集めます。
 昨年には京都縦貫自動車道が全線開通し、市街とのアクセスがより便利になった丹後の地。これから、ますます多くの方が訪れることでしょう。この機会に、「海の京都」丹後に秘められた信仰と歴史のおもしろさを、ぜひ味わっていただきたいと思います。

*特集陳列「丹後の仏教美術」会場は、彫刻展示室、特別展示室、絵巻展示室、仏画展示室の4か所です。

主な展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵  
金銅装笈 1背 京丹後市・縁城寺 音声ガイド
金銅宝冠・法螺 1具 京丹後市・縁城寺
縁城寺縁起(*1) 2巻 京丹後市・縁城寺
銅錫杖頭 1柄 京丹後市・縁城寺
金銅五具足 1具 京丹後市・縁城寺 音声ガイド
地蔵菩薩像 足利尊氏筆 1幅 京丹後市・縁城寺
祭礼道具断片 7点 宮津市・籠神社 音声ガイド
銅錫杖頭 1頭 宮津市・金剛心院
法華経 大和道政筆(*2) 7巻のうち巻一、巻八 宮津市・成相寺
重文 女神坐像 2躯 与謝郡・板列八幡神社

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。
*1 展示期間:(真名本)7月26日~8月14日(仮名本)8月16日~9月11日
*2 展示期間:(巻一)7月26日~8月14日(巻八)8月16日~9月11日
京都府指定文化財
京丹後市指定文化財

:音声ガイドで解説がお聞きになれます(有料・館内で貸し出し)。
上記以外の展示リスト彫刻展示室絵巻展示室仏画展示室

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ