これまでの展示

桃山 秀吉とその周辺(「京へのいざない」第2期展示)
2014年10月15日 ~ 2014年11月16日

平安時代から現在にいたるまで、長きにわたる「とき」を育んできた京都は、随所にその足跡がのこり、歴史を生で体感することができます。この展示では、当館と秀吉との深い縁にかんがみ、肖像画をはじめ、自筆の手紙や所用の衣服など、関連する遺品を公開いたします。どうぞ、いまなお息づく歴史と、美術のコラボレーションをお楽しみください。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵
重文 豊臣秀吉像 玄圃霊三等賛 1幅 西教寺
重文 吉野花見図屏風 6曲1双 細見美術館
国宝 ポルトガル国印度副王信書 1通 妙法院
重文 豊臣秀吉仮名消息 1幅 高台寺
重文 鳥獣文様陣羽織 豊臣秀吉所用 1領 高台寺
重文 桐矢襖辻ヶ花道服 1領 京都国立博物館
重文 豊臣棄丸坐像 1躯 隣華院
重文 豊臣棄丸所用小形武具 4点のうち 妙心寺
重文 倶利伽羅龍守刀 1口 妙心寺

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ