これまでの展示

特別展観 第100回大蔵会記念 仏法東漸―仏教の典籍と美術─ 第一部 釈尊の教え
2015年7月29日 ~ 2015年9月 6日

大蔵会(だいぞうえ)は、仏教にかんする典籍の展観を中心とした仏教行事です。大正4年(1915)、大正天皇の即位式を記念して始まって以来、毎年開催され、今年は100回目という大きな節目を迎えることになりました。これを記念して、平成知新館を会場に大規模な展観を開催いたします。仏教経典の総集である「大蔵経(一切経)」の歴史を現存する遺品から紐解くとともに、関連する書跡、絵画や工芸品もあわせて紹介いたします。

特別展観「第100回大蔵会記念 仏法東漸―仏教の典籍と美術─」ちらし

第一部 釈尊の教え

「大蔵会」という名称の由来にもなる、仏教経典の総集である「大蔵経(一切経)」についてご紹介します。大蔵経の書写は、莫大な材料、時間と人員を必要する一大事業でした。にもかかわらず、日本では奈良時代以降、相当な数が作られ、あるいは海外からもたらされました。まさしく、仏の教えがインドから中国、朝鮮半島を経て日本に伝わり、重んじられたこと、すなわち「仏法東漸」の証といえるでしょう。ここでは、わが国屈指の古写経コレクションとして有名な「守屋コレクション」を中心に、中国・朝鮮半島、および日本で作られた大蔵経とその流れを紹介します。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵 展示期間  
  梵本貝葉断簡 1葉 知恩寺 後期  
重文 梵本大般涅槃経断簡 1巻 宝寿院 後期  
  北京版西蔵大蔵経
第50筴(『大宝積経』)
1筴 大谷大学博物館 前期  
国宝 菩薩処胎経 巻第3 1帖 知恩院 前期  
国宝 大楼炭経 巻第3 1帖 知恩院 後期 音声ガイド
  付法蔵伝 巻第6残巻 1巻 京都国立博物館(守屋コレクション)    
重文 内典随函音疏 巻第307 1巻 京都国立博物館(守屋コレクション)    
重文 大宝積経 巻第32 1巻 京都国立博物館    
重文 文殊師利問菩提経 1帖 京都国立博物館    
重文 雙観無量寿経 巻上 1巻 逸翁美術館 後期  
重文 続高僧伝 巻第28 1巻 京都国立博物館(守屋コレクション)   音声ガイド
  頻毘娑羅王詣仏供養経 1巻 檀王法林寺    
重文 倶舎論 巻第22残巻 1巻 文化庁    
重文 増壱阿含経 巻第29 1巻 智積院    
重美 賢劫経 巻第1 1巻 京都国立博物館(守屋コレクション)    
重文 開元釈教録 巻第18残巻 1巻 文化庁    
重文 金剛頂瑜伽経 巻第3 1巻 高山寺   音声ガイド

*展示期間【前期】7月29日~8月16日 【後期】8月18日~9月6日
展示期間の記載のないものは、通期展示となります。
展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。
:音声ガイドで解説がお聞きになれます(有料・館内で貸し出し)。
上記以外の展示リスト 1F-3展示室 1F-4展示室 1F-5展示室 1F-6展示室

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ