特別展示室

特集陳列 雛まつりと人形
2017年2月18日 ~ 2017年3月20日

雛まつりは古くから行われているように思われがちですが、人形を飾ってこの日を祝うようになったのは、江戸時代の初めとされています。当時の雛人形には、その時代の元号を冠して呼ばれる寛永雛(かんえいびな)・享保雛(きょうほびな)や、考案した人形師の名を付けたという次郎左衛門雛(じろざえもんびな)、江戸で誕生した古今雛(こきんびな)、公家の装束を正しく写した有職雛(ゆうそくびな)などがありました。この特集陳列では、各種の雛人形が勢ぞろいします。また本年は、明治時代の宮中の洋装化にならって製作された、洋装の御殿飾り雛を展示します。雛人形を中心に、嵯峨人形、御所人形、賀茂人形と、各種の京人形が集うこの展示で、一足早い春の訪れを感じてください。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵  
天児 1躯
這子 1躯 京都国立博物館
立雛 1対 京都国立博物館
室町雛 1対
寛永雛 1対
古式享保雛(元禄雛) 1対 京都国立博物館
享保雛(大内雛) 1対 京都国立博物館 音声ガイド
立雛(次郎左衛門頭) 1対 京都国立博物館
立雛(次郎左衛門頭) 1対 京都国立博物館(入江酉一郎氏寄贈)
立雛 1対 京都国立博物館(入江酉一郎氏寄贈)
立雛(古式享保頭) 1対 京都国立博物館(入江酉一郎氏寄贈)
犬張子 1対 京都国立博物館(入江酉一郎氏寄贈)
犬張子 1対 京都国立博物館(入江酉一郎氏寄贈)
雛道具 懸盤 1式 京都国立博物館(入江酉一郎氏寄贈)
次郎左衛門雛 1対 京都国立博物館(入江酉一郎氏寄贈)
古今雛 1対 京都国立博物館(北川洋平氏寄贈)
女五人囃子 5躯 京都国立博物館(南徳子氏・成田育子氏・平井積子氏寄贈)
有職雛(直衣姿) 1対 京都国立博物館
有職立雛(狩衣姿) 1対 京都国立博物館
雛道具 貝桶・合貝 1対 京都国立博物館
古式古今雛 1対 京都国立博物館(浅井友義氏寄贈)
古式古今雛 1対 京都国立博物館(玉城芳江氏寄贈)
享保雛風古今雛 1対 京都国立博物館(岡村佳子氏寄贈)
古今雛 1対 京都国立博物館(平本八重氏寄贈)
古今雛 1対
雛道具 懸盤 1式 京都国立博物館(浅井友義氏寄贈)
洋装御殿飾り雛 1式
芥子人形 忠臣蔵(一力茶屋)  1組
芥子人形 忠臣蔵(一力茶屋) 1組
芥子人形 忠臣蔵(義士討入) 1組
芥子人形 忠臣蔵(義士両国橋勢揃) 1組
芥子人形 五人立 1組
御所人形 猿引き 1躯 京都国立博物館(川田泉氏寄贈)
御所人形 鳥抱き 1躯 京都国立博物館(入江酉一郎氏寄贈)
御所人形 狗持ち 1躯 京都国立博物館
御所人形 着衣春駒持 1躯 京都国立博物館
御所人形 狐面の後かぶり 1躯 京都国立博物館
御所人形 団扇持ち 1躯
御所人形 獅子頭持ち 1躯 京都国立博物館(入江酉一郎氏寄贈)
御所人形 鶴持ち 1躯
御所人形 諌鼓鳥車引 1躯
御所人形 鯛引き 1躯 京都国立博物館
衣裳御所人形 童子立姿 1躯
衣裳御所人形 童子立姿 1躯
衣裳御所人形 童子立姿 1躯
衣裳御所人形 童子立姿 1躯
衣裳御所人形 童子立姿 1躯 京都国立博物館
衣裳御所人形 童子立姿 1躯 京都国立博物館(入江酉一郎氏寄贈)
衣裳御所人形 鈍太郎 1躯 京都国立博物館
衣裳人形 大名行列 19躯 京都国立博物館(入江酉一郎氏寄贈)
衣裳人形 鞠遊び 1躯 京都国立博物館(入江酉一郎氏寄贈)
毛作り猫 1点
賀茂人形 稚児と童子 1対 京都国立博物館
賀茂人形 公家と従者 1対 京都国立博物館
芥子玩具 謡本 2点
からくり人形 杯はこび 1躯 京都国立博物館(入江酉一郎氏寄贈) 音声ガイド
衣裳人形 でんち着童子 1躯
嵯峨人形 狛持ち童子 1躯 京都国立博物館
嵯峨人形 狗持ち童子 1躯
雛道具 長持・夜具 1式 京都国立博物館(浅井友義氏寄贈)
雛道具 几帳 1基 京都国立博物館(浅井友義氏寄贈)
雛道具 厨子棚・黒棚 2基 京都国立博物館(松﨑町子氏寄贈)
紺地御所人形文様熨斗目振袖 1領 京都国立博物館(浅井友義氏寄贈)
縹地流水に花束文様振袖 1領 京都国立博物館(浅井友義氏寄贈)
書画貼交屏風 皆川淇園筆 6曲1双 京都国立博物館(藤原忠一郎氏寄贈)
書画貼交屏風 幸野楳嶺ほか筆 8曲1隻 京都国立博物館(岡村健守氏寄贈)
十二ヶ月花木図 狩野永納筆 6曲1隻 京都国立博物館
社参観梅・花下遊楽図雛屏風 6曲1双 京都国立博物館(入江酉一郎氏寄贈)
桃図雛屏風(春暖)高橋秋華筆 2曲1双 京都国立博物館(廣海春木氏寄贈)

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。
:音声ガイドで解説がお聞きになれます(有料・館内で貸し出し)。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ