これまでの展示

特集陳列 皇室の御寺 泉涌寺
2016年12月13日 ~ 2017年2月 5日

京都の東山に壮大な伽藍をかまえる泉涌寺は、いまから800年ほどまえ、俊芿(しゅんじょう、1166~1227)により開創されました。寺名の由来は、境内の一角から清水が涌き出たことによるといいます。朝野の崇敬をうけるなかでも、「御寺」の名が示すように、とりわけ皇室とのつながりが深いことで知られています。この展示では、書跡・絵画・彫刻・工芸品など、さまざまな作品を通じ、泉涌寺の育んだ長い歴史を紹介いたします。

*特集陳列「皇室の御寺 泉涌寺」会場は、特別展示室、書跡展示室、金工展示室の3か所です。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵
東山泉涌律寺図 1幅 泉涌寺
国宝 附法状 俊芿筆 1幅 泉涌寺 音声ガイド
泉涌寺不可棄法師伝(*1) 1冊 泉涌寺
止観大意 俊芿筆 1帖 泉涌寺
版本細字法華経 1巻 雲龍院
宋音金光明懺法 象耳泉奘筆(*2) 1冊 泉涌寺
四分律含注戒本疏行宗記上・曇無徳部四分律刪補随機羯磨上
宋版・泉涌寺版律典のうち(*2)
73帖のうち2帖 泉涌寺
後円融天皇宸翰願文(*1) 1幅 雲龍院
重文 法華経巻第一・巻第八
法華経ならびに開結のうち 巻第八に後奈良天皇宸翰奥書(*3)
10巻のうち2巻 泉涌寺・雲龍院
後水尾天皇願文 1巻 泉涌寺
重文 後円融天皇像 後土御門天皇宸翰賛 土佐光信筆(*1) 1幅 雲龍院
重文 後陽成天皇像 狩野孝信筆(*2) 1幅 泉涌寺
後水尾天皇像 自賛 堯恕法親王筆(*2) 1幅 泉涌寺
韋駄天像(*5) 1幅 泉涌寺
羅漢図(*6) 1幅 泉涌寺
阿弥陀三尊像(*7) 1幅 泉涌寺
長恨歌絵巻(*4) 3巻 新善光寺 音声ガイド
重文 俊芿律師像 自賛(*2) 1幅 泉涌寺
重文 道宣律師像 楼鑰賛(*2) 1幅 泉涌寺
重文 元照律師像 楼鑰賛(*2) 1幅 泉涌寺
俊芿律師像(*1) 1幅 泉涌寺
道宣律師像(*1) 1幅 泉涌寺
元照律師像(*1) 1幅 泉涌寺
孔雀図屏風 鶴沢探索筆(*1) 6曲1双 泉涌寺
大堰川遊覧・子の日桜狩図屏風 浮田一蕙筆(*2) 6曲1双 泉涌寺

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。
*1 展示期間:12月13日~1月9日
*2 展示期間:1月11日~2月5日
*3 展示期間:巻第一/12月13日~1月9日 巻第八/1月11日~2月5日
*4 展示期間:上・中/12月13日~1月9日 中・下/1月11日~2月5日
*5 展示期間:1月2日~1月15日
*6 展示期間:1月17日~2月5日
*7 展示期間:12月13日~12月25日
:音声ガイドで解説がお聞きになれます(有料・館内で貸し出し)。
上記以外の展示リスト特別展示室金工展示室

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ