これまでの展示

天下統一への道
2015年3月31日 ~ 2015年5月10日

日本史上で、古代や幕末とならび、人気のある時代といえば、戦国時代ではないでしょうか。織田信長の登場から豊臣秀吉、そして徳川家康へといたる「天下統一」の過程では、戦国大名たちが群雄割拠し、さまざまな者が深謀遠慮をめぐらせました。4月7日(火)からはじまる特別展覧会「桃山時代の狩野派 永徳の後継者たち」に関連した企画として、戦国時代の政治や文化にまつわる文化財を中心に展示いたします。有名、無名を問わず、この時代に活躍した者たちの足跡に思いを馳せていただきたいと思います。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵  
  上杉謙信書状 1幅 妙満寺  
重文 正親町天皇宸翰消息 1幅    
  織田信長黒印状 1幅    
  四季和歌 尊朝親王筆 1巻 京都国立博物館  
  豊臣秀吉消息 1幅    
重美 芳野花見和歌 豊臣秀吉筆 1幅    
  織田信長追悼和歌 近衛前久筆 1幅 大雲院  
  蹴鞠注進状 伝秋田実季筆 1巻 京都国立博物館  
  相応院仮名消息 1巻 正法寺  
  妙智院文書 1巻 妙智院  
重文 信長公記 太田牛一筆 2冊 建勲神社  
重文 武家諸法度草稿 以心崇伝筆 1巻 金地院  
重文 本光国師日記 以心崇伝筆 2冊 金地院  
  織田信長朱印状 1幅 大雲院  
  伊達政宗消息 1幅 京都国立博物館  
  古文書貼交屏風 6曲1双 本法寺  

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ