これまでの展示

宸翰─天皇の書─
2015年5月12日 ~ 2015年6月14日

「宸翰」とは天皇自筆の書のことをいいます。歴代の天皇は、当代一流の師範についてさまざまな学問を修め、天子としての素養や見識を深めてきました。したがって、こうした自覚のもと表現された「書」には、世を統べる者としての尋常ならざる気品、風格あるいは内容を備えており、歴史的にも美術的にも多くの人を惹きつけてやみません。この展示では、とりわけ自筆のほとんど現存しない宸翰、個性が最もよく表れたとされる鎌倉時代の宸翰、という二つの点に重きを置き、「書の王者」としての魅力に触れていただきたいと考えております。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵  
国宝 文覚四十五箇条起請文 奥書後白河天皇宸翰 1巻 神護寺  
国宝 後鳥羽天皇宸翰御手印置文 1巻 水無瀬神宮  
国宝 後嵯峨天皇宸翰消息 1幅 仁和寺  
重文 後深草天皇宸翰消息 1幅 京都国立博物館  
国宝 後宇多天皇宸翰御手印遺告 1巻 大覚寺  
国宝 後宇多天皇宸翰弘法大師伝 1幅 大覚寺  
重文 後宇多天皇宸翰消息 1幅 仁和寺  
重文 伏見天皇宸翰願文 1巻 京都国立博物館(守屋コレクション)  
重文 伏見天皇宸翰歌集断簡 七十四首〈広沢切〉 1巻 京都国立博物館  
  伏見天皇宸翰歌集断簡 百首〈広沢切〉 1巻    
重文 後伏見天皇宸翰消息 1巻    
重文 後伏見天皇宸翰願文 1巻 盧山寺  
重文 花園天皇宸翰消息 1幅 曼殊院  
重文 後醍醐天皇宸翰消息 1幅 京都国立博物館  

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ