これまでの展示

故人を偲ぶ─消息経─
2015年6月16日 ~ 2015年7月20日

故人を供養するには、いろいろな方法があります。なかでも、生前に送られた消息などを用いて、経典を書写、ないしは摺写したものは「消息経」とよばれています。こうした行為は、平安時代にはじまったと考えられ、とくに中世には数多くの経典が作られました。ここでは、現存する遺品のうち、天皇あるいはその親族が作成した「消息経」を中心に紹介します。本来、鑑賞を目的としたものではありませんが、造形的な「書」としてすばらしいのはもちろん、会期中、旧暦における盂蘭盆(七月十五日)をはさむことから、このような展示を企画いたしました。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵  
重文 法華経巻第四・七 紙背後深草天皇宸翰消息 2巻 妙蓮寺  
重文 後深草天皇宸翰消息 1巻 京都国立博物館  
重文 法華経巻第二・八 恵琳筆 2巻 京都国立博物館  
  金字法華経巻第一 紙背伏見天皇宸翰消息 1巻    
  金字法華経巻第三 紙背伏見天皇宸翰消息 1巻 京都国立博物館  
重文 金字法華経巻第五 巻首伏見天皇宸翰 1巻 妙顕寺  
重文 版本法華経巻第一・六 紙背寛性親王消息 2巻 本禅寺  
  版本仏説弥勒上生経 1巻 京都国立博物館  
重文 阿弥陀経残巻 花園天皇宸翰 1帖 長福寺  
重文 法華経要文和歌懐紙 1巻 妙満寺  
  法華経要文和歌懐紙 1巻    

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ