これまでの展示

かなの美と和歌
2015年12月15日 ~ 2016年1月24日

たった三十一文字のなかに、四季折々の事象を詠みこむ「和歌」は、貴族に限らず、昔の人たちにとって、嗜むべき教養と考えられていました。こうした状況を反映して、集成された歌合、あるいは歌集から、和歌会で披講する目的でしたためた懐紙まで、数多くの遺品がのこっています。ご存じのように、和歌は「かな」で書かれており、その字すがたには、「古筆」とはまた異なる美しさがあります。この展示では、数々の和歌作品とともに、かなに秘められた「美」を紹介します。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵 音声ガイド
重文 陽成院歌合〈二十巻本〉 1巻 京都国立博物館  
重文 類聚歌合巻第七残巻〈二十巻本〉 1巻    
重文 雲居寺結縁経後宴歌合〈二十巻本〉 1巻    
  和歌懐紙 行海筆 1幅    
  和歌懐紙 行海筆 1幅    
重美 藤原成範家集断簡 1幅 京都国立博物館  
重文 和歌懐紙〈熊野懐紙〉 後鳥羽天皇宸翰 1幅 京都国立博物館  
  和歌懐紙〈春日懐紙〉 学詮筆 1幅 京都国立博物館  
重文 和歌懐紙 源家長筆 1幅 京都国立博物館  
国宝 明恵上人歌集 高信筆 1巻 京都国立博物館  
重文 法華経要文和歌懐紙 1巻 学校法人立命館  
  和歌懐紙 盛尊筆 1幅    
重美 着到和歌断簡 中に後土御門天皇宸翰あり 1幅 京都国立博物館  
重文 点取和歌 後柏原天皇宸翰 1巻 京都・曼殊院  

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。
:音声ガイドで解説がお聞きになれます(有料・館内で貸し出し)。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ