これまでの展示

「皇室ゆかりの名宝」関連 雅なる近世天皇の書
2016年1月26日 ~ 2016年2月21日

「近世天皇」の書は、前代までの「勇壮」と比べると、まさに「雅」と形容することができます。江戸時代の天皇といえば、武家に抑圧され弱々しかった、という印象をお持ちの方も多いのではないしょうか。しかし、こうしたイメージは近年の研究により、改まりつつあります。そう考えると、天皇の書(宸翰)に備わる雅やかさは、新たな時代に対応するため、創出されたものと言えるでしょう。ここでは数多ある近世天皇の宸翰のなかから、厳選した作品を展示します。どうぞ、典雅な世界をお楽しみください。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵 音声ガイド
  後水尾天皇宸翰覚書 1巻 京都国立博物館  
重文 林丘寺手鑑 宸翰貼交 1帖 林丘寺  
  明正天皇宸翰消息 1幅    
重美 古詩色紙 後光明天皇宸翰 1幅    
  後伏見天皇願文写 後西天皇宸翰 1巻    
  「時代不同歌合」色紙 後西天皇宸翰 1幅    
重文 霊元天皇宸翰願文 1巻 下御霊神社  
  霊元天皇宸翰和歌懐紙 1幅 京都国立博物館  
  修学院行幸和歌手鑑 1帖 林丘寺  
  東山天皇宸翰和歌懐紙 1幅    
  桜町天皇宸翰消息 1幅 京都国立博物館  
重文 後桜町天皇宸翰短籍 1帖 柿本神社  
  後桜町天皇宸翰消息 1幅    
  光格天皇宸翰消息 1幅    
重文 仁孝天皇宸翰及一座短籍 1帖 柿本神社  

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。
:音声ガイドで解説がお聞きになれます(有料・館内で貸し出し)。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ