書跡

特別企画 貝塚廣海家コレクション受贈記念  豪商の蔵─美しい暮らしの遺産─
第二章 抹茶と煎茶
2018年2月 3日 ~ 2018年3月18日

廣海家は、大阪府貝塚市の旧商家。米穀の廻船問屋として天保6年(1835)に開業し、肥料商、株式投資、銀行経営などで財をなし、地域の近代産業の発展に寄与しました。その広大な敷地には、間口約34mの巨大な町屋、茶室、4棟の土蔵がならびます。この蔵に眠る大量の書画、茶器、調度が、当館に寄贈されました。秀吉の書状をはじめ、伊藤若冲、司馬江漢、柴田是真の作品など、商家の暮らしのなかで使われてきた品々をお披露目します。

第二章 抹茶と煎茶

廣海家の四棟の土蔵のうち一棟には、茶道具がぎっしりと詰まっていました。主に4代当主が明治時代の終わりから戦前にかけて集めた品々です。といっても大金を積んで名物を手に入れたわけではなく、地方の数寄者として茶の湯を楽しみながら蓄えたものでした。同じころ流行した煎茶の道具もあります。明月記断簡、豊臣秀吉の消息、伊藤若冲の筍図などを床の間に飾り、柴田是真の銘々盆などにお菓子を盛りました。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵  
七宝雉形香炉  1口 京都国立博物館 音声ガイド
一重切竹花入 銘 三井寺
宗旦直書 千宗旦作
1口 京都国立博物館
『明月記』断簡  1幅 京都国立博物館
金彩色絵菊置上香合
永樂保全(十一代)作
1合 京都国立博物館
和歌懐紙
三条西実隆筆
1幅 京都国立博物館
黒楽茶碗 銘 数寄太郎
樂一入作
1口 京都国立博物館
重美 豊臣秀吉消息 1幅 京都国立博物館 音声ガイド
萩茶碗  1口 京都国立博物館
瀬戸一重口水指 銘 谷陰  1口 京都国立博物館
銅水指 中川浄益作 1口 京都国立博物館
竹茶杓 銘 一声 千宗旦作 1本 京都国立博物館
黒塗中棗 道安好 1合 京都国立博物館
青花芙蓉手花卉文兜鉢  1口 京都国立博物館
富士蒔絵盆 中山胡民作 1枚 京都国立博物館
七宝釜  1口 京都国立博物館
万代屋釜 奥平了保作 1口 京都国立博物館
塗柄杓 黒田正玄作 1本 京都国立博物館
一閑人蓋置 中川浄益作 1個 京都国立博物館
割釜鐶 金森徳元作 1双 京都国立博物館
七宝柄火箸  2組 京都国立博物館
唐物炭取   1口 京都国立博物館
羽箒 トキほか  2本 京都国立博物館
黒塗中次 「藤重造」銘  1合 京都国立博物館
彭祖棗 中村宗哲(三代)作 1合 京都国立博物館
七宝花菱唐草蒔絵鮟鱇薄茶器
小島漆壺斎作
1合 京都国立博物館
桐唐草漆絵丸棗 遠州好
近藤道恵作
1合 京都国立博物館
菊蒔絵棗 勝軍木庵光英作 1合 京都国立博物館
屈輪堆朱香合  1合 京都国立博物館
花蝶堆朱小香合   1合 京都国立博物館
蒟醤宝珠形香合   1合 京都国立博物館
蒔絵夕顔形小香合   1合 京都国立博物館
鹿楓蒔絵香合   1合 京都国立博物館
青海波塗菓子銘々盆
柴田是真作
5枚 京都国立博物館
青花山水人物文六角皿  5枚 京都国立博物館
青花山水人物文角輪花皿  5枚 京都国立博物館
田楽箱 五種
樂吉左衛門/駒沢利斎/
中村宗哲/永樂善五郎/飛来一閑作
1組 京都国立博物館
白泥松画賛涼炉・炉台 湊焼  1組 京都国立博物館
青花氷梅雑宝文急須  1口 京都国立博物館
金彩赤絵唐子文急須  1口 京都国立博物館
青花氷梅文茶心壺  1口 京都国立博物館
竹製鱖魚木彫仙媒
加納鉄哉・早川尚古斎(三代)作
1枚 京都国立博物館
牛瀑山水仙媒 竹山作 1枚 京都国立博物館
竹製山水人物木彫仙媒
堀田瑞松作
1枚 京都国立博物館
青花蓮弁文小碗  19口 京都国立博物館
朱塗菊花形托子  10枚 京都国立博物館
竹剥ぎ春慶塗百活矣銘々盆
田能村直入筆
5枚 京都国立博物館
提籃 早川尚古斎(初代)作 1具 京都国立博物館
興福寺形牡丹籠
早川尚古斎(初代)作
1個 京都国立博物館
柳里恭式瓢形花籃
田邊竹雲斎(初代)作
1個 京都国立博物館
棕櫚図 林閬苑筆 1幅 京都国立博物館
筍図 伊藤若冲筆 1幅 京都国立博物館
那智瀑布図 小田海僊筆 1幅 京都国立博物館

展示作品はすべて廣海春木氏よりご寄贈いただきました。
展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。
:音声ガイドで解説がお聞きになれます(有料・館内で貸し出し)。

上記以外の展示リスト
第一章 寺内町の廻船問屋【1F-2展示室】
第三章 祝宴【1F-4展示室】
第四章 趣味と支援【1F-5展示室】
第五章 婚礼―名家のネットワーク【1F-6展示室】

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ