これまでの展示

小袖の美―みやこのモード―(「京へのいざない」第1期展示)
2014年9月13日 ~ 2014年10月19日

日本といえば想起される衣服―きもの。その源流は、「十二単」とも称される公家女性の正装に、下着として着装された「小袖」に遡ります。小袖とは、袖口が大きく開き、手先を覆い隠すほどゆったりとした大袖に対応する言葉で、腕が通る程度の袖口を設けたきものをいいます。衣服の簡略化とともに、表着へと変貌を遂げ、さまざまな文様で彩られるようになった小袖。その流行の発信地であった京都から、小袖の美と変遷を紹介します。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵
重文 白地草花文様四つ替小袖 1領 京都国立博物館
重文 紅地雪持ち橘文様小袖 1領 京都国立博物館
重文 染分地松皮菱段小文様小袖 1領 京都国立博物館
重文 濃茶地菊に棕櫚文様帷子 1領 京都国立博物館
  白地桐樹に板垣文様小袖 1領 京都国立博物館
  白地箙梅文様帷子 1領 京都国立博物館
  白地賀茂競馬文様小袖 1領 京都国立博物館
  千種色地雲と湊取に楓文様小袖 1領 京都国立博物館
重文 紅地束熨斗文様振袖 1領 友禅史会
  花色地貝桶文様小袖 1領 京都国立博物館
  花色地近江八景文様小袖 1領 京都国立博物館
  浅葱地波千鳥文様小袖 1領 京都国立博物館

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ