これまでの展示

染織の文様 ―吉祥―
2015年12月15日 ~ 2016年1月31日

古来、身を包み守る衣服の文様には、何よりも吉祥性が重視されてきました。衣服や身のまわりの品々を飾る吉祥の文様には、長寿、一家の繁栄、豊かな実りといった、人々のさまざまな願いがこめられてきたのです。吉祥の文様の起源は、中国から伝えられたものと日本の風俗から生みだされたものの、二種に大別されます。新たな年が幸い多き一年となることを願って、このたびの展示では、和漢の吉祥文様を紹介します。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵  
  桐鳳凰文様夜着 1領 京都国立博物館  
  宝舟文様夜着 1領 京都国立博物館  
  初夢蒔絵櫛・笄・いち止 1揃 京都国立博物館  
  富士山形櫛 1枚    
  松竹梅鶴亀文様打掛 1領 京都国立博物館  
  松竹梅鶴亀文様打掛 1領 京都国立博物館  
  吉祥花車文様掛下帯 1筋 京都国立博物館  
  石畳に松文様小袖 1領 京都国立博物館 音声ガイド
  笹文様打掛 1領    
  光琳梅文様打掛 1領 京都国立博物館  
  注連縄に海老文様帷子 1領 京都国立博物館 音声ガイド
  二見浦文様小袖 1領 京都国立博物館  
  御所解(菊慈童・砧)文様小袖  1領    
  竹に牡丹文様小袖 1領    
  龍袍 1領 京都国立博物館  
  桃花に蝶文様襯衣 1領 京都国立博物館  

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。
:音声ガイドで解説がお聞きになれます(有料・館内で貸し出し)。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ