これまでの展示

正倉院裂と古代の染織
2017年6月13日 ~ 2017年7月23日

 古代、日本の染織は、朝鮮半島や中国からの影響を受けて発展しました。
 飛鳥・奈良時代には百済や高句麗、隋や唐の影響を受け、錦・綾・羅などの織物や、臈纈・夾纈・纐纈などの染物が、あるいは舶載され、あるいはそれに倣って製作されました。これらの染織品の姿を今に伝えるのが、奈良・法隆寺に伝えられた法隆寺裂と、東大寺伝来の正倉院裂です。さらに、近年の中国での発掘出土成果に基づく研究の進展により、遣唐使が廃止された後の平安時代にも、中国北方に栄えた国である遼から日本へ染織品がもたらされていたことが明らかになってきました。
 千年近くの時を経た染織品が、出土品としてではなく、人々の手によって守り伝えられてきた点に、日本人が美しい裂に寄せた愛着と憧れを見ることができます。

主な展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵 音声ガイド
白茶地木立文様錦裂 1裂 京都国立博物館
伝法隆寺裂 赤地蜀江錦幡断片  1裂
淡茶地双龍文様錦裂 2裂 京都国立博物館
法隆寺裂 黄地楽天文様繡幡断片  2裂
糞掃衣断片 1裂 延暦寺
糞掃衣断片 2裂
正倉院裂 樹皮色織成 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 緑地唐花文様錦 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 長斑獅噛文様錦 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 緑青地六弁花鳥文様錦 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 暈繝花文様錦 5裂 京都国立博物館
緑地花鳥獣文様錦(正倉院裂写) 1枚 京都国立博物館
正倉院裂 紫地唐花文様錦 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 紅地唐花文様錦 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 赤地唐花文様錦 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 白茶地花文様錦 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 緑地唐花文様錦 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 緑地花鳥獣文様錦 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 黄地唐花文様錦 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 紫地葡萄唐草文様錦 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 淡茶地唐花文様錦 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 緑地葡萄唐草文様錦 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 緑地唐花文様錦 1裂 京都国立博物館
赤地連珠円文様綴織
赤地連珠円に向鳥文様錦 5裂 京都国立博物館
正倉院裂 緑地連珠唐草円に狩猟文様錦 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 淡茶地唐花文様錦 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 紫地花鳥連珠七宝繋文様錦 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 赤地葡萄唐草文様綾 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 紫地目結文様纐纈綾 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 紺地目結文様纐纈綾 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 紺地襷文様纐纈綾 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 赤地平絹 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 緑地平絹 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 緑地霞襷鳥文様臈纈平絹 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 茶地花卉花喰鳥文様臈纈平絹 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 赤茶地霞襷鳥文様臈纈平絹 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 赤地七宝繋文様纐纈平絹 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 茶地花文様臈纈平絹 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 赤地立木天蓋文様臈纈平絹 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 青地霞襷鳥文様臈纈平絹 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 黄緑地草花文様臈纈平絹 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 赤地四菱入菱繋文様羅 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 紫地小襷文様羅 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 黄地集花葉円花文様夾纈羅 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 赤茶地唐花花卉鳥文様夾纈羅 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 黄地花文様夾纈羅 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 淡茶地花葉鳥文様夾纈平絹 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 淡茶地集花葉文様夾纈平絹 1裂 京都国立博物館
正倉院裂 白地集花葉文様摺絵布 1裂 京都国立博物館
神護寺経経帙 1枚 京都国立博物館
紅花菱鳥襷文様錦(神護寺経帙縁裂写) 1枚 京都国立博物館
神護寺経経帙 1枚
淡茶地連珠菱に飛鳥文様錦襪 1足 京都国立博物館
淡茶地向鳳凰文様錦裂 1裂
紅地向鷹丸唐花文様錦裂 1裂

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。
:音声ガイドで解説がお聞きになれます(有料・館内で貸し出し)。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ