染織

特集展示 御所文化を受け継ぐ─近世・近代の有職研究─
2017年12月19日 ~ 2018年1月28日

平安時代に頂点を迎えた御所を中心とする公家文化は、社会の変動や応仁の乱をはじめとする内戦によって、次第に簡略化へと向かいました。それが復興へと向かうのは、世相が落ち着く江戸時代に入ってからです。それ以降、理想の時代の再現をめざして、さまざまな研究が重ねられました。京都国立博物館が所蔵する御所旧蔵の作品群を中心に、近世・近代の御所文化再興の様相を振り返ります。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵  
五衣唐衣裳装束 東福門院和子所用 1具のうち 京都・霊鑑寺
五衣唐衣裳装束 秩父宮勢津子妃所用 1具 京都国立博物館 音声ガイド
桂袴装束 秩父宮勢津子妃所用 1具 京都国立博物館 音声ガイド
采女服 1具のうち 京都国立博物館
有職雛 束帯姿 2軀1対
雛道具 几帳 1基 京都国立博物館
雛道具 厨子棚・黒棚 2基1組 京都国立博物館
諸殿調度図 下巻 3巻のうち 京都国立博物館

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。
:音声ガイドで解説がお聞きになれます(有料・館内で貸し出し)。

上記以外の展示リスト
【1F-2展示室】
【1F-3展示室】

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ