これまでの展示

特集陳列 獅子と狛犬
2015年12月15日 ~ 2016年3月13日

獅子、狛犬ともに百獣の王ライオンの姿を写したもので、頭上に一本の角のある方を狛犬、無い方を獅子と呼びます。エジプト、中東地域では写実的なライオンの像が造られましたが、生息地から遠く離れた中国では姿が変わって唐獅子となり、それが日本に伝わりました。平安時代以降神社や寺院の入り口、あるいはお堂に置かれ、境内や神仏の像を守護する役を担ったのです。10余対の獅子・狛犬を並べた空間をおたのしみください。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵  
  獅子・狛犬(東寺伝来) 1対    
重文 獅子・狛犬 1対 滋賀・御上神社  
重文 獅子・狛犬 1対 広島・厳島神社  
  獅子・狛犬〈峰定寺伝来〉 1対 京都国立博物館 音声ガイド
重文 獅子 1対 滋賀・大宝神社  
重文 獅子・狛犬 1対 京都・八坂神社  
重文 獅子・狛犬 1対 和歌山・丹生都比売神社 *1F 彫刻展示室にて展示
重文 獅子・狛犬 1対 京都・藤森神社  
重文 獅子・狛犬 2対 京都・高山寺  
重文 石造獅子 1対 京都・由岐神社 音声ガイド

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。
:音声ガイドで解説がお聞きになれます(有料・館内で貸し出し)。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ