これまでの展示

「南蛮漆器」と「紅毛漆器」
2014年11月26日 ~ 2015年1月12日

桃山時代、スペインやポルトガルの船で来日したカトリック宣教師や商人たちは、堅牢で美しい日本の漆器を気に入り、宗教用具や貿易用の商品を注文しました。彼らのために単純な平蒔絵と螺鈿を組み合わせ、余白を残さずに文様を描いた輸出漆器は、「南蛮人」にちなみ「南蛮漆器」と呼ばれています。後に鎖国体制が整い、オランダ人が貿易の担い手となる頃、輸出漆器の様式も変化します。黒漆地に高蒔絵も用いる新様式は「紅毛漆器」と呼ばれています。
京都から世界へ羽ばたいていった、華やかな漆器をどうぞお楽しみください。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵
  IHS紋蒔絵螺鈿聖餅箱 1合 京都国立博物館
  花鳥蒔絵螺鈿聖龕 1基 京都国立博物館
  IHS花入籠目文蒔絵螺鈿書見台 1基 京都国立博物館
  FONASANOPEGE文字入蒔絵螺鈿小箱 1合  
  花鳥蒔絵螺鈿合子 1合  
  草鳥蒔絵螺鈿櫃 1合  
  楼閣山水図蒔絵螺鈿丸盆 1枚  
  花鳥蒔絵螺鈿角徳利及び櫃 6本1合 京都国立博物館
  草花蒔絵螺鈿書箪笥 1基  
  丸紋螺鈿蒔絵書箪笥 1基  
  花鳥獣蒔絵螺鈿書箪笥 1基  
  花鳥山水蒔絵螺鈿飾箱 1個  
  花鳥蒔絵螺鈿洋櫃 1合 京都国立博物館
  重菱文螺鈿蒔絵洋櫃 1合  
  丸紋蒔絵螺鈿洋櫃 1合  
  青海波文蒔絵螺鈿洋櫃 1合  
  双龍花鳥蒔絵螺鈿裁縫道具入 1合 京都国立博物館
  花唐草蒔絵交椅 1基 京都国立博物館
  草花蒔絵漆皮楯 1面 京都国立博物館
  楼閣山水蒔絵水注 1対 京都国立博物館
  楼閣山水人物蒔絵ナイフ立て 1基 京都国立博物館

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ