これまでの展示

江戸時代の蒔絵
2016年8月30日 ~ 2016年10月 2日

蒔絵は、ウルシの樹液の接着力を利用して、器物の表面に金属粉を固定し、文様を作る技法です。また、この技法で作られた工芸品を指すこともあります。熟練した職人による大変な手間と暇がかかり、材料も高価なため、古代から中世のあいだは、一部の富裕者のみが楽しむものでした。江戸時代になると、武士階級もさることながら、町人階級にも金銭的な余裕を持つ人々が現われます。彼らは香道や能楽を嗜み、趣向を凝らした蒔絵を注文し、これを見せあって楽しみました。その結果、家格を誇示するための高級品ばかりでなく、さまざまな美意識を反映した作品が生み出され、今日に伝えられました。木製品ながら宝石のように輝く精緻な蒔絵を、どうぞお楽しみください。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵  
蓮池雲龍蒔絵厨子 飯塚桃葉(初代)作 1基 天授院
業平東下り蒔絵印籠 1個 京都国立博物館
野分蒔絵扇形箱 1合 京都国立博物館
南蛮人蒔絵四方盆 1枚
曳船蒔絵螺鈿箱 1合
田植蒔絵香盆 1枚
蓬莱花見図蒔絵手箱 1合
釣花生牡丹木蘭蒔絵象嵌硯箱 小川破笠作 1合
槙鹿蒔絵螺鈿料紙箱・硯箱 永田友治作 1具 京都国立博物館
片身替蒔絵螺鈿双六盤 1面 三時知恩寺
梨撫子蒔絵楊弓箱 1具
龍笛 銘朝嵐 桜蒔絵笛筒 原羊遊斎作  1具 八坂神社(京都府)
八重桜蘇民将来蒔絵小鼓胴 1口 八坂神社(京都府)
鼓蒔絵大鼓胴 1口
大亀蒔絵太鼓胴 1口
蜀江文蒔絵十種香箱 1具 京都国立博物館
業平東下り蒔絵香枕 1基 京都国立博物館
紋散蒔絵阿古陀小香炉 1口 京都国立博物館
孔雀葵紋蒔絵耳盥 1口 誓願寺
綾杉地松梅橘蒔絵歌書箱 1合 京都国立博物館
枝垂桜祇園守蒔絵見台 1基 京都国立博物館
若松蒔絵螺鈿空穂・弓台 1具
龍骨車蒔絵鞍・鐙 1具 京都国立博物館
蝶秋草蒔絵鞍 1背 京都国立博物館
蜻蛉蒔絵鞍・鐙 1具 京都国立博物館
綾杉地獅子牡丹葵紋蒔絵懸盤 1基 東福寺
綾杉地獅子牡丹葵紋蒔絵 提子・徳利・椀蓋 1括 東福寺 音声ガイド
蒔絵皷形行厨 1具 本圀寺 音声ガイド

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。
:音声ガイドで解説がお聞きになれます(有料・館内で貸し出し)。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ