これまでの展示

宮廷貴族の信仰と美(「京へのいざない」第2期展示)
2014年10月15日 ~ 2014年11月16日

平安時代を通じて、「厭離穢土、欣求浄土」の精神を説く浄土教信仰とあわせて、法華経信仰が貴族社会に次第に浸透してゆきました。法華経には造寺造仏、写経などが直接的に悟りをもたらすと説かれており、華麗な仏画、彫刻、装飾経、工芸品といった仏教美術が陸続と生み出されました。また、多種多様な仏教儀礼も営まれました。
本展示の様々な名品にも、極楽往生、現世利益を願う心がこめられています。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵
国宝 粉河寺縁起絵巻 1巻 粉河寺
国宝 法然上人絵伝 巻9 (*1) 1巻 知恩院
国宝 法然上人絵伝 巻10 (*2) 1巻 知恩院
重文 法華経巻第五 1冊  
重文 融通念仏勧進状 1巻 禅林寺
  平家物語絵巻(御産段) 1巻  

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。
*1 展示期間:10月15日~11月3日
*2 展示期間:11月5日~11月16日

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ