これまでの展示

物語絵巻の世界
2015年2月10日 ~ 2015年3月15日

平安時代に貴族社会で愛好された物語を絵画化した物語絵巻は、絵も詞書も情趣豊かに美しく整えられ、中世を通じて盛んに制作されました。その伝統は江戸時代に至っても継承され続けます。中でも源氏物語絵は、現代にあっても広く愛好され、様々な画家によって絵画化されています。今回は江戸時代初期に異例の大規模で製作された源氏物語絵巻のうち、葵の帖を描く「源氏物語葵絵巻」と、鎌倉時代に成立した、後嵯峨天皇の恋物語である「奈與竹物語絵巻」の江戸時代の写本、そして室町時代の悲恋物語である「時雨物語絵巻」をご紹介します。「源氏物語葵絵巻」と「奈與竹物語絵巻」が専門絵師による精緻な作風をみせるのに対し、「時雨物語絵巻」は、自由な独特の作風に特色があります。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵  
  源氏物語葵絵巻 6巻のうち第3巻    
  奈與竹物語絵巻 1巻 曇華院  
  時雨物語絵巻 3巻のうち下巻   音声ガイド

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。
:音声ガイドで解説がお聞きになれます(有料・館内で貸し出し)。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ