これまでの展示

密教信仰の名品(「京へのいざない」第2期展示)
2014年10月15日 ~ 2014年11月16日

九世紀前半に、真言宗の空海と天台宗の最澄が、中国から新しい仏教・密教を伝えました。現世利益を目的としたその神秘の修法は、たちまち貴族達の心をとらえました。修法で使用された仏画は、インドの様式を濃厚にとどめており、その異国情緒は今日でも感じることが出来ます。密教が生んだ造形美を名品で綴ります。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵
国宝 十二天像のうち水天・羅刹天 2幅 京都国立博物館
国宝 十二天像のうち帝釈天 1幅 西大寺
重文 閻魔天像 1幅  
重文 聖観音像 1幅 峯寺
  如意輪観音像 1幅  
重文 孔雀明王像 1幅 安楽寿院
重文 烏枢沙摩明王像 1幅 京都国立博物館
重文 宝楼閣曼荼羅図 1幅  
重文 星曼荼羅図 1幅 久米田寺

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ