これまでの展示

浄土教信仰の名品
2016年8月30日 ~ 2016年10月 2日

寛和元年(九八五)、比叡山横川の僧・源信は、極楽往生のためのガイドブック・『往生要集』を執筆しました。「厭離穢土、欣求浄土」、つまり地獄の恐ろしさに対比して極楽の甘美さを説き、その描写は美術にも影響を与え、浄土教信仰は社会に浸透しました。京都を中心に育まれた浄土教信仰の名品を紹介します。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵  
  六字経曼荼羅図 1幅 京都国立博物館  
重文 聖観音像 1幅 峯寺  
  如意輪観音像 1幅    
重文 阿弥陀聖衆来迎図 1幅 興福院  
重文 十体阿弥陀像 1面 知恩寺 音声ガイド
重文 迎接曼荼羅図(正本・副本) 2幅 清凉寺  
重文 閻魔天曼荼羅図 1幅 京都国立博物館 音声ガイド
重文 六地蔵図 1幅 上品蓮台寺  
  地蔵菩薩像 1幅 京都国立博物館 音声ガイド

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。
:音声ガイドで解説がお聞きになれます(有料・館内で貸し出し)。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ