これまでの展示

瀟湘八景図
2015年3月17日 ~ 2015年4月12日

瀟湘八景図とは、景勝地として名高い洞庭湖(中国湖南省)付近の八通りの景観を絵画化したもので、北宋時代の文人画家・宋迪が創始したと伝えられます。八景の内訳は、山市晴嵐・遠(煙)寺晩鐘・漁村夕照・遠浦帰帆・瀟湘夜雨・洞庭秋月・平沙落雁・江天暮雪。いずれもこの地域に限定される風景ではなく、ごくありふれた身近な光景といってよいでしょう。そうした画題としての自由度やバリエーションの豊かさ、そして中国有数の名所への憧れが、わが国で瀟湘八景図が好まれた大きな要因です。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵  
重文 瀟湘八景図 相阿弥筆 4幅 大仙院 音声ガイド
  平沙落雁図 思堪筆 1幅    
  瀟湘八景図 秀盛筆 8幅 細見美術館  
重美 煙寺晩鐘図 単庵筆 1幅 細見美術館 音声ガイド
  山市晴嵐図 雪村筆 1幅    
  瀟湘八景図 鑑貞筆 1幅    

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。
:音声ガイドで解説がお聞きになれます(有料・館内で貸し出し)。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ