近世絵画

釈迦堂縁起絵巻
2018年6月12日 ~ 2018年7月 8日

近世絵画展示室では、この期間、絵巻の展示をおこないます。

清凉寺に伝わる釈迦堂縁起絵巻は、仏伝と、奝然が請来した本尊釈迦如来像の由来と霊験を描いた作品です。絵を狩野派の二代元信(1477?~1559)筆とする伝承があり、水墨画由来の筆法や緊密な構図法からこれは認められています。また、詞書は元信が関与した他の絵巻にも筆を執った定法寺公助(1453~1538)筆と推定されています。本作は、元信が大和絵の領域でも上質な仕事を成しえた証であり、狩野派の歴史において記念碑的な名品といえます。中世から近世への絵巻の展開を語るうえでも欠かせない重要作品、この機会にじっくりとご覧ください。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵  
重文 釈迦堂縁起絵巻 伝狩野元信筆 6巻のうち巻1、2、4 京都・清凉寺 音声ガイド

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。
:音声ガイドで解説がお聞きになれます(有料・館内で貸し出し)。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ