これまでの展示

桃山画壇の巨匠たち(「京へのいざない」第2期展示)
2014年10月15日 ~ 2014年11月16日

織田信長や豊臣秀吉らのおおらかな気風を反映して、桃山時代の水墨画もスケール感豊かで力強い画風が好まれました。その主導的役割を果たしたのが天才・狩野永徳であり、そのライバルと目される長谷川等伯でした。また独自の画風を形成した孤高の絵師・海北友松や雪舟の後継者・雲谷等顔の活躍も見逃せません。ここに展示される彼らの代表的水墨画をご覧になれば、きっと時代のもつ壮大なエネルギーが感じ取れることでしょう。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵
国宝 花鳥図襖 (聚光院方丈障壁画) 狩野永徳筆 38面のうち 聚光院
重文 枯木猿猴図 長谷川等伯筆 2幅 龍泉庵
重文 飲中八仙図屏風 海北友松筆 6曲1隻 京都国立博物館
重文 山水図襖 雲谷等顔筆 8面のうち 黄梅院

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ