これまでの展示

曾我蕭白―醜美と優美
2015年5月12日 ~ 2015年6月 7日

曾我蕭白(1730~81)は、京都の商家に生まれた人です。若くして天涯孤独の身となった蕭白は、遅くとも20歳代末までには絵師としての活動を開始し、伊勢や播磨を遊歴しながら作画生活を送りました。晩年になってようやく京都に定住し、儒者や禅僧らと交友をもったことが知られています。
細密な着色画から粗放な水墨画まで、幅広いスタイルをこなすその作品に一貫しているのは、卓抜した描写力です。時には型紙を用いて描くほどに、技法にこだわっていたことは注目してよいでしょう。また、一見奇怪に思えるような作品にも、たんなる露悪趣味に終わらない妖しい美しさ、観る者を引き付けてやまない魅力が宿っているのです。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵  
  寒山拾得図屏風 2曲1双    
重文 寒山拾得図 2幅対 興聖寺 音声ガイド
  達磨図 1幅    
  鍾馗図 1幅 京都国立博物館  
  後醍醐帝笠置御潜逃図 1幅    
  太公望図 1幅    
  富士山図 1幅    
  山水図 2幅対 久昌院  
  梅に鶏図屏風 4曲1隻    

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。
:音声ガイドで解説がお聞きになれます(有料・館内で貸し出し)。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ