これまでの展示

龍虎―仏法の守護神─
2015年7月 7日 ~ 2015年8月 9日

四方をつかさどる四神のなかに青龍・白虎として取り入れられた龍虎は、それぞれ東の守護神・西の守護神とみなされました。一方は想像上の動物、もう一方は現実に棲息する獣という対照的な存在でありながら、ともに人知を超えた存在として神格化され、またその対照性ゆえに天地・水土などの象徴ともされたのです。
インドで生まれた仏教が中国大陸を東漸すると、龍虎はその守護神として日本へもたらされます。そうした事情から仏教寺院に多く所蔵される龍虎の絵画は、時代の好みや画家の個性を如実に反映する、たいへん魅力的な作品群でもあるのです。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵  
重文 雲龍図 海北友松筆 8幅のうち4幅 建仁寺 音声ガイド
重文 龍虎図屏風 狩野山楽筆 6曲1双 妙心寺 音声ガイド
重文 雲龍図屏風 円山応挙筆 6曲1双    
  虎図 岸駒筆 1幅 京都国立博物館  

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。
:音声ガイドで解説がお聞きになれます(有料・館内で貸し出し)。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ