これまでの展示

富士山の絵画
2017年1月17日 ~ 2017年2月19日

 富士山は、日本の絵画のなかでおそらく最もポピュラーなモチーフのひとつでしょう。はやく『万葉集』において日本の象徴と見なされていた富士山は、信仰の対象として、また景観の美しい名所として、現代にいたるまで連綿と描き継がれてきました。
 特に江戸時代には、東海道をはじめとする交通網の整備、さらに富士講の拡大にともなう登山者の増大もあって、おびただしい数の富士山図が描かれました。それらは、概念的な名所絵から実見にもとづく絵図のような作品まで、実にバラエティーに富んでいます。 富士山が見えない京都で、富士山の絵画を存分にお楽しみください。
 今年もよい一年でありますように。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵  
富士見図屏風 6曲1隻
富士三保松原図屏風 狩野山雪筆 6曲1隻
富士山図 曾我蕭白筆 1幅
四季富士図 円山応挙筆 4幅対
浮島清夏図 中林竹洞筆 1幅
七里ヶ浜図 合川珉和筆 1面
富士山図 ヤン・フレデリック・フェイルケ筆 1幅
富嶽図 原在中筆 1幅
富士見西行図 原在善筆 1幅 京都国立博物館
富士山登龍図 冷泉為恭筆 1幅 善導寺

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ