これまでの展示

天球院の障壁画
2018年1月23日 ~ 2018年2月18日

天球院は、初代姫路藩主だった池田輝政の妹・天球院殿が、寛永八年(1631)に妙心寺山内に建立した塔頭です。天球院方丈を飾る障壁画は、狩野山楽(1559~1635)とその娘婿・山雪(1590~1651)によって制作されました。
建物とともに失われることの多い近世の障壁画にあって、方丈全室にわたり、絵具の鮮やかさもそのままに、制作当初の美しさを保っているのはたいへん珍しいことです。しかも、これらの襖絵は、絵画史上における桃山時代から江戸時代へと移行する、その転換期に位置するきわめて重要な作品群なのです。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵  
重文 朝顔図襖 狩野山雪・山楽筆 4面 京都・天球院
重文 竹虎図襖 狩野山雪・山楽筆 8面 京都・天球院
重文 梅花遊禽図襖 狩野山雪・山楽筆 4面 京都・天球院 音声ガイド

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。
:音声ガイドで解説がお聞きになれます(有料・館内で貸し出し)。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ