これまでの展示

池大雅―南画の大成者―
2014年11月18日 ~ 2014年12月23日

中国の文人たちによって描き継がれた南画は、江戸時代中期の18世紀に入り、わが国でも描かれるようになりました。その大成者と目されるのが、池大雅です。京都に生まれた彼は、当時舶載されていた中国の木版画譜を学ぶ一方、日本の伝統画派や西洋の画法なども取り入れることで、自由奔放で個性的な画風を作り上げました。ここでは、そんな彼の代表作を展示します。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵
重文 虎渓三笑図 池大雅筆 8幅 萬福寺
重文 漁楽図 池大雅筆 1幅 京都国立博物館
  四季山水図 池大雅筆 4幅 京都国立博物館
  寒山拾得図 池大雅筆 1幅 京都国立博物館
  三岳紀行図屏風 池大雅筆 8曲1隻 京都国立博物館

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ