これまでの展示

近代中国の絵画
2014年11月18日 ~ 2014年12月23日

20世紀初頭に中華民国を樹立して共和制国家となった中国は、絵画芸術でも革新的な動きをみせました。広東拠点の嶺南画派(れいなんがは)は、いち早く西洋化した日本を参考にして、西洋画法や表現を取り入れます。その一方で、伝統絵画の再評価を目指す北京の画壇は斉白石(せいはくせき)を見出し、素朴な味わいのある中国画を確立しました。上海では、呉昌碩(ごしょうせき)や黄賓虹(こうひんこう)らが清末の流れを汲んだ清新な作風で人気を博し、洋画家たちも水墨画を描くなど、モダン都市ならではの多彩な展開をみせることになりました。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵
  烟江畳嶂図 高剣父筆 1幅 京都国立博物館(須磨コレクション)
  楊柳図 陳樹人筆 1幅 京都国立博物館(須磨コレクション)
  松竹梅図 呉昌碩筆 3幅 京都国立博物館(森岡コレクション)
  仰天窩集錦図巻 黄賓虹他筆 1巻 京都国立博物館(須磨コレクション)
  松林山水図 王一亭筆 1幅 京都国立博物館(多名賀コレクション)
  松石図 呉湖帆筆 1幅  
  宋法山水図 斉白石筆 1幅 京都国立博物館(須磨コレクション)
  洪濤悲嘶図 劉海粟筆 1幅 京都国立博物館(須磨コレクション)
  青緑山水図 張大千筆 1幀  

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ