これまでの展示

須磨コレクションの嶺南派絵画
2017年1月17日 ~ 2017年2月19日

 「嶺南(れいなん)」とは、中国の南部、現在の広東(カントン)省を指す古い地名です。古くから交易の拠点として進取の気風にあふれたこの地域の絵画は、独自の展開を見せました。とくに20世紀に入って高剣父(こうけんぷ)(1879~1951)を筆頭とする一派は、明治以降の近代日本画を参照しつつ、伝統的な中国絵画の革新を目指しました。昭和初期に広東総領事として着任した須磨弥吉郎(すまやきちろう)(1892~1970)は、自ら書画を好んだこともあり、政財界にパイプを持つ高らと親交を結び、嶺南派の一大コレクションを形成しました。この展示室では、伝統的な中国絵画とは一味違う、嶺南派の近代絵画をお楽しみください。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵
楓葉荻花秋瑟瑟図 高剣父筆 1幅 京都国立博物館
烟江疊嶂図 高剣父筆 1幅 京都国立博物館 音声ガイド
英雄独立図 高奇峰筆 1幅 京都国立博物館
楊柳図 陳樹人筆 1幅 京都国立博物館
後園図 方人定筆 1幅 京都国立博物館
仔肩初試図 黄少強筆 1幅 京都国立博物館
築堤図 容大塊筆 1幅 京都国立博物館
川江疊峰図 黎葛民筆 高剣父題 1幅 京都国立博物館
捶虎図 梁鼎銘筆 1幅 京都国立博物館
山水図 鉄禅筆 1幅 京都国立博物館
須磨弥吉郎像 陳宏筆 1幀 京都国立博物館 音声ガイド

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。
:音声ガイドで解説がお聞きになれます(有料・館内で貸し出し)。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ