これまでの展示

奇想の画家・蘇仁山
2018年1月23日 ~ 2018年2月18日

中国・清時代後期の広東を拠点にした画家・蘇仁山(そじんざん)(1814~50?)は、一風変わった画家として知られています。科挙に挑むものの失敗し、家族との確執を抱え、孤独を好みました。その画は力強い墨線で幻想的な独自の世界を作り出しています。画に添えた文章も難解で、ときに儒教批判を繰り広げました。生前はほとんど評価されませんでしたが、20世紀に入って広東に赴任した日本人外交官・須磨弥吉郎(すまやきちろう)(1892~1970)が積極的に収集をはじめてからは、奇想の画家として注目されるようになりました。この展示では、須磨弥吉郎のコレクションのなかから、蘇仁山の山水・人物・花鳥図をご紹介いたします。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵 音声ガイド
朝景図  蘇六朋筆 1幅 京都国立博物館
倣呉鎮山水図 蘇仁山筆 1幅 京都国立博物館
臨弘仁山水図 蘇仁山筆  1幅
越井崗辺図 蘇仁山筆 1幅 京都国立博物館
賢劫菴荘厳寺両祇園図 蘇仁山筆 1幅 京都国立博物館
顕慶玄奘てい珉勒銘 蘇仁山筆 1幅 京都国立博物館
人物図 蘇仁山筆 1幅
三老図 蘇仁山筆 1幅 京都国立博物館
九老図 蘇仁山筆 1幅 京都国立博物館
文宗四像 蘇仁山筆 1幅
百鳥万歳図 蘇仁山筆 1幅 京都国立博物館 音声ガイド
双鳥牡丹図 蘇仁山筆 1幅 京都国立博物館

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。
:音声ガイドで解説がお聞きになれます(有料・館内で貸し出し)。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ