陶磁

日本と東洋のやきもの
2018年1月 2日 ~ 2018年3月11日

 やきものは観賞するだけでなく、食器や日常の調度品などに多く用いられており、私たちにとって身近な工芸品といえる。特に、東アジア各地では文様や形、色に至るまで、多種多様なものが作られ、その用途も幅広い。また、やきものは産地により、磁器や陶器といった材質や、土や釉薬の原料、装飾や焼成の技術に強い個性を持っている。日本と中国、朝鮮半島を中心に、東アジア地域でつくられたやきものの個性やその魅力について紹介する。

主な展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵  
重文 色絵蓮華香炉 伝野々村仁清作 1合 京都・法金剛院
重文 銹絵寒山拾得図角皿 尾形光琳画 尾形乾山作 1対 京都国立博物館
色絵松竹梅文高杯 1基 京都国立博物館
(岩佐静子氏寄贈)
音声ガイド
銹絵染付桐文菱香合 1合
重文 銹絵水仙文茶碗 野々村仁清作 1口 京都・天寧寺
色絵氷裂文角皿 尾形乾山作 5枚 京都国立博物館 音声ガイド
鉄砂地色絵梅文瓢形徳利 1口 京都・青龍寺
色絵七宝繋文二段重箱 永樂和全作 1合
重文 色絵若松図茶壺  野々村仁清作 1口 文化庁
三彩婦女立俑 1躯 京都国立博物館
(佐佐木茂索氏蒐集・
 佐佐木泰子氏寄贈)
白磁陰刻蓮華牡丹文瓶 1口 京都国立博物館
(笹川正誠氏寄贈)
灰陶婦女俑 1躯 京都国立博物館
灰陶武人俑 1躯 京都国立博物館
灰陶井戸 1口 京都国立博物館
(小合友之助氏蒐集・
 伊達静氏寄贈)
灰陶加彩武人俑 1躯 京都国立博物館
緑釉犬 1躯
白磁龍耳瓶 1口 京都国立博物館
三彩文官 1対 京都国立博物館
三彩神王 1対 京都国立博物館
三彩魌頭 1対 京都国立博物館
三彩胡人 1躯 京都国立博物館
三彩馬 1対 京都国立博物館 音声ガイド
三彩駱駝 1対 京都国立博物館
重美 三彩馬 1対 京都国立博物館
(銭高衣子氏寄贈)
褐釉男子立俑 1躯 京都国立博物館
褐釉男子立俑 1躯 京都国立博物館
重文 青磁水注 越州窯 1口 京都国立博物館 音声ガイド
黒釉刻花牡丹文瓶 磁州窯 1口 京都国立博物館
(広田松繁氏寄贈)
玳玻天目 吉州窯 1口 京都国立博物館 音声ガイド
青磁袴腰香炉 龍泉窯 1口 京都国立博物館
(谷口豊三郎氏寄贈)
青磁陰刻蓮華文瓶 1口 京都国立博物館
粉青沙器掻落蓮池文扁壺 1口 京都国立博物館
(笹川正誠氏寄贈)
重美 灰釉瓶子 1口
重美 鉄釉狛犬 1対 京都国立博物館
(鈴木茂嗣氏寄贈)
備前矢筈口耳付水指 1口 文化庁
瀬戸肩衝茶入 銘泡沫  瀬戸窯 1口
錐呉器茶碗 1口
鼠志野草文鉢(*1) 1口
重文 鼠志野草文大鉢(*2) 1口 文化庁
織部扇形蓋物 1合 京都国立博物館
華南三彩唐花唐草文五耳壺 1口 京都国立博物館

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。
*1 展示期間:2017年12月19日~2018年1月14日までの展示となります。
*2 展示期間:2018年1月16日~3月18日までの展示となります。

:音声ガイドで解説がお聞きになれます(有料・館内で貸し出し)。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ