これまでの展示

絵付けの美 長崎・亀山焼
2016年10月15日 ~ 2016年11月27日

 文化4年(1807)、長崎港を一望できる風頭山中腹に開窯した亀山焼は、発色の美しい呉須で、中国趣味の絵付けの施した染付磁器を生産したことで名高いやきものです。半世紀ほどの短い操業でありましたが、日用品から硯や水滴などをはじめとした文房具に至るまで、多種多様な製品が作られています。
 この特集陳列では、長崎歴史文化博物館、佐賀県立九州陶磁文化館の協力を得て、特別展覧会「没後150年 坂本龍馬」にちなみ、龍馬が活躍した地である長崎で花開き、龍馬も愛用した、亀山焼の魅力について紹介します。

展示作品リスト【絵付けの美 長崎・亀山焼】

指定 作品名 員数 所蔵  
染付山水文陶印 二本 佐賀県立九州陶磁文化館
染付蓮華文三足香炉(*2) 一口 佐賀県立九州陶磁文化館
染付水草文三足鉢 一口 佐賀県立九州陶磁文化館
染付唐草文壺 一口 佐賀県立九州陶磁文化館
染付浄瑠璃絵大皿 一枚 佐賀県立九州陶磁文化館
色絵山水人物文手焙 一口 佐賀県立九州陶磁文化館
色絵金彩花唐草文蓋物 一口 佐賀県立九州陶磁文化館
染付楼閣山水文段重 一口 佐賀県立九州陶磁文化館
染付花唐草魚藻文蓋物(*1) 一口 佐賀県立九州陶磁文化館
染付白菜文小碗(*2) 五口 佐賀県立九州陶磁文化館
銹釉染付山水文蓋物(*2) 一口 佐賀県立九州陶磁文化館
染付人物鯉文水指 一口 佐賀県立九州陶磁文化館
黒塗松葉文染付魚藻文段重 一口 長崎歴史文化博物館
染付鳳凰文大皿 一枚 長崎歴史文化博物館
染付崎陽山水図火鉢 一口 長崎歴史文化博物館
染付草花文花入 一口 長崎歴史文化博物館
色絵花蝶文小壺(*2) 一口 長崎歴史文化博物館
色絵魁字鳳凰文鉢 井田吉六画 一枚 長崎歴史文化博物館
染付牡丹文鉢 鉄翁祖門画 一枚 長崎歴史文化博物館
染付絵替皿 鉄翁祖門画 七枚 長崎歴史文化博物館
染付雲龍文段重 一口 長崎歴史文化博物館
染付駱駝文杯 一口 長崎歴史文化博物館
染付群鶴文甕 一口 長崎歴史文化博物館
染付秋草文舟徳利 一口 長崎歴史文化博物館
染付草花文燗瓶・杯 一組 長崎歴史文化博物館
染付花唐草文酒次 一対 長崎歴史文化博物館
染付海老絵小碗 木下逸雲画(*1) 四口 長崎歴史文化博物館
染付宝尽文月琴形筆架 一基 長崎歴史文化博物館
染付山水文割山椒鉢 三口 長崎歴史文化博物館
染付山水文香炉(*1) 一口 長崎歴史文化博物館
染付山水人物文硯  文政五年銘 一面 長崎歴史文化博物館
染付鳳凰文水滴 一口 長崎歴史文化博物館
染付楼閣山水文大鉢 一口 長崎歴史文化博物館
染付梅花文四方鉢 一口 長崎歴史文化博物館
染付茄子文杯 田能村竹田画 一口 長崎歴史文化博物館
染付山水文長方箱 一口 長崎歴史文化博物館
染付鯨図大皿(*2) 一枚 長崎歴史文化博物館
染付梅竹菊図陶板(*1) 一枚 長崎歴史文化博物館
染付蝙蝠文蓋茶碗 四口 長崎歴史文化博物館
染付梅花氷裂文盃台 一基 長崎歴史文化博物館
染付松鶴図香炉 一口 長崎歴史文化博物館
染付山水魚藻文手桶形小鉢(*1) 一口 長崎歴史文化博物館

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。
*1 展示期間:10月15日~11月6日
*2 展示期間:11月8日~11月27日

日本と東洋のやきもの
2016年10月15日 ~ 2016年11月27日

やきものは観賞するだけでなく、食器や日常の調度品などに多く用いられており、私たちにとって身近な工芸品といえる。特に、東アジア各地では文様や形、色に至るまで、多種多様なものが作られ、その用途も幅広い。また、やきものは産地により、磁器や陶器といった材質や、土や釉薬の原料、装飾や焼成の技術に強い個性を持っている。日本と中国、朝鮮半島を中心に、東アジア地域でつくられたやきものの個性やその魅力について紹介する。

展示作品リスト【日本と東洋のやきもの】

指定 作品名 員数 所蔵  
重文 色絵釘隠 伝野々村仁清作 21個 京都国立博物館
重文 銹絵水仙文茶碗 野々村仁清作 1口 天寧寺
灰釉牡丹唐草文壺 1口
重文 鼠志野草文大鉢 1口 文化庁
備前矢筈口水指 1口
織部扇形蓋物 1合 京都国立博物館
絵唐津四方口向付 5客
染付山水文大鉢 1口
青磁不遊環耳付花入 1口
色絵椿文皿 1枚 京都国立博物館
染付菊唐草文皿 1枚
色絵花唐草文虫籠形食籠 1口
色絵象香炉 1口
青花蓮華文大皿 1枚
黄地青花紅彩牡丹唐草文瓢形瓶 1口
青花山水文大皿 1枚 両足院
五彩花鳥文魁文字鉢 1口
青花住吉大社図四方水指 嘉慶19年(1814)銘 1口
青花山水図脚付膳 1基 京都国立博物館
粉彩松鹿図瓶 1対 京都国立博物館

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ