絵巻の古典
平安時代半ばに誕生したと考えられる絵巻は十二世紀に一つの頂点を迎えます。それを象徴するのが源氏物語絵巻・信貴山縁起・鳥獣人物戯画といった作品です。これらはそれぞれに個性的な様式を持っており、それ以後の絵巻の表現の可能性の全てが含まれていると言っても過言ではありません。展覧会の象徴として特にコーナーを設けてこれらの作品の魅力に迫ります。
国宝 鳥獣戯画 甲巻 京都・高山寺蔵