メニュー

BLOGBLOG

ARCHIVES

2018年4月アーカイブ

2018年4月27日

特別展「池大雅 天衣無縫の旅の画家」を見に行くリン♪
~エピソードⅡ

特別展「池大雅 天衣無縫の旅の画家」を見に行くリン♪
~エピソードⅡ

こんにちリン!
トラりんだリン!(キリッ☆)

torarin


トラりん:今日も、4月7日(土)~5月20日(日)開催の特別展「池大雅 天衣無縫の旅の画家」を見に行くよ☆
ね、福士研究員♪

福士研究員:今日もよろしくね!(キリッ☆)

torarin


トラりん:今日はどんなテーマで作品を見ていくのかな♪

福士研究員:大雅は「旅の画家」と呼んでもいいほどに、日本各地を旅した人。
しかも、旅先で目にした風景をもとにして、たくさんの絵を描いているんだ。
今回の展覧会を構成する大きな柱でもある「旅」をテーマに、作品を見ていくよ!
(キリリッ☆)

torarin


トラりん:

\ぱちぱちぱち☆/

torarin


福士研究員:まずはじめに、「三岳紀行図屏風(さんがくきこうずびょうぶ) 京都国立博物館所蔵」を見てみよう。

torarin


トラりん:ん?これは...?
なんだか珍しいリン!
絵が、挿絵のようで面白いね☆

福士研究員:これは、大雅が38歳のときに友人の高芙蓉(こうふよう)、韓天寿(かんてんじゅ)とともに行った旅行の記録なんだ。
いまは屏風に貼られているけど、もとは冊子で、大雅たちが旅に携行していたんだよ。

トラりん:旅のガイドブックみたいだね!
ボクもこの作品を見ながら、大雅さんたちの旅した場所を巡ってみたいリン♪

torarin


福士研究員:風景のスケッチを描いているのが大雅で、たくさん文字があるのは韓天寿が書いた出納記録。
旅籠の宿泊代やわらじ代など、3人の旅行の様子がこと細かにわかるんだ!
あめやスイカを買っていたこともわかるんだよ。

トラりん:あめやスイカ...じゅるリン☆

福士研究員:なかでも注目は、浅間山に登ったときの眺望を描いたスケッチ。
これをもとにして、隣に展示している「浅間山真景図(あさまやましんけいず)」を描いたことがわかるんだ。
大雅の旅は、絵画の制作に直接結び付くものだったんだね。

torarin

トラりん:なるほど!
だから、今回の特別展のタイトルにもあるように「旅の画家」と言われるんだね☆


福士研究員:続いて、「箕山瀑布図(きざんばくふず) 池大雅筆」を見てみよう。

torarin


トラりん:岩が連なっている様子や、水の流れがとっても美しいリン!
まるで絵の中にいるみたいな気分☆
なんとなく、いままでのイメージとは違うようにも見えるけど...

福士研究員:これは、箕面の滝を描いた作品だよ。
いまも人気の観光地だけど、江戸時代から有名だったんだね。
大雅22歳の作品で、いま残っている絵画作品のなかでは一番早い時期のものなんだ。
ちょっと暗い感じの墨や色彩の使い方は、若い時期ならではのもの。
3階に展示されている「高士観瀑図(こうしかんばくず) 彭城百川(さかきひゃくせん)筆」に近いところがあるねぇ。

トラりん:歩んできた道や経験で作品の雰囲気が変わるのは、描いた人そのものを感じられるようでとっても面白いリン♪
一気に距離が縮まって、もっと好きになっちゃうんだ!

torarin


福士研究員:それにしても、この絵をいくら眺めても大阪の箕面(みのお)の滝を描いているとはわからない。
それがわかるのは、大雅自身が「箕山瀑布」と書いているからなんだ。
その横には大雅自作らしき漢詩が添えられていて、いかにも中国風な作品に仕上がっているね。
実はそれこそが、大雅の風景画の大きな特徴なんだよ。

トラりん:日本の風景なのに、中国風に仕上げているということだね!
むむむ...これは、興味深いリン...


福士研究員:最後に「重要文化財 陸奥奇勝図巻(むつきしょうずかん) 池大雅筆 九州国立博物館所蔵」を見てみよう。

torarin



トラりん:これは、名所の地図みたいなもの?

福士研究員:大雅は26歳のときに江戸へ行き、さらにそこから足をのばして宮城県の塩竈(しおがま)や松島を訪れた。
その翌年に北陸を旅した際、金沢藩士から頼まれて松島の様子を描いたのがこの作品なんだ。
瑞巌寺(ずいがんじ)や五大堂などの名称が添えられていて、まるで実際にその場所へ行ったような気分になれるね。

トラりん:本当だね!

大雅さん独特の表現で描かれていて、その場所の魅力と大雅さんの想いが伝わるリン♪

torarin


福士研究員:それに、大雅の旅は、たんなるレジャーではないんだ。
大雅は、いろんな土地を訪ね、たくさんの自然の風景を肌身で感じることが、画家としての成長に欠かせないことだと考えていたんだよ。
そういう経験を経て生まれた大雅の風景表現には、リアルさとは別種の説得力があると思うんだ。
旅の経験をまるごと伝えてくれるような、大雅の風景画の魅力を感じてほしいな。


トラりん:5月2日(水)~5月20日(日)は、後期の展示作品が登場するんだよね!
最後までたくさんのおともだちに、特別展「池大雅 天衣無縫の旅の画家」を楽しんでもらえたらうれしいな☆

torarin



おまけ☆

 

福士研究員:まぁー!
トラりんの新しいグッズが出ているじゃないの!

torarin


カリスマ販売員:お気づきですか。
池大雅展開催を記念して販売された、いましか手に入らないオリジナルコラボグッズですのよ!

福士研究員:これも、あれも...なんてかわいいグッズなのかしら!
いやでも、こんなに可愛いんじゃ...お高いんでしょう?

カリスマ販売員:ふっふっふっ...
すべて税込価格で
A4クリアファイル 漁楽図 400円!
マルチクリーナー 850円!
チケットホルダー 八種画譜 400円!
一筆箋 八種画譜 400円!
マスキングテープ 漁楽図 450円!
型抜き付箋 八種画譜 450円!
筒入り京飴 550円!
千寿せんべい 1,188円!
しかもこちらのコラボグッズは京博だけの限定販売よっ!!

torarin


福士研究員:な、なんですって!
京博で展示を楽しむと、そんなうれしい+αがあるのね?!
この機会、絶対に見逃せないじゃない!

カリスマ販売員:さらに館内にはお茶屋で一服する大雅さんとボクと一緒に記念撮影できるフォトスポットもあるっていうんだから...
特別でしょっ!

torarin


福士研究員:2018年の京博も、わくわくがいっぱいね!

カリスマ販売員:みなさんに楽しんでもらえれば、それがうれしいもの...

カリスマ販売員の2人:ねー☆

torarin



特別展「池大雅 天衣無縫の旅の画家」

会期:2018(平成30)年4月7日(土)~ 5月20日(日)
会場:京都国立博物館 平成知新館
交通:JR、近鉄、京阪電車、阪急電車、市バス 交通アクセス
休館日:月曜日
※ただし4月30日(月・休)は開館、翌5月1日(火)は休館
開館時間:午前9時30分から午後6時まで(入館は午後5時30分まで)
※ただし会期中の毎週金・土曜日は午後8時まで(入館は午後7時30分まで)
観覧料:一般 1,500円(1,300円) 大学生 1,200円(1,000円) 高校生 900円(700円)
※( )内は団体20名以上。
※中学生以下は無料です。
※障害者手帳等(*)をご提示の方とその介護者1名は、観覧料が無料になります。
 (*) 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳
※大学生・高校生の方は学生証をご提示ください。
※キャンパスメンバーズは、学生証または教職員証をご提示いただくと、各種通常料金より500円引きとなります。

■特別チケット情報
◇各部200枚限定! 夜の特別鑑賞会チケット
5月2日(水)の閉館後におこなう、音声ガイドとグッズが付いた特別鑑賞会のチケットです。
第1部は午後6時30分~、第2部は午後7時~ご入場いただけ、各部とも午後8時30分に終了します。各定員200名です。

一般のみ:3,000円(音声ガイド、グッズ付)
販売期間:2月10日(土)~ ※なくなり次第終了
販売場所:ローソンチケット(Lコード:54666)、セブンチケット、チケットぴあ(Pコード:763-275)、イープラス

■ワークショップ
「指で描こう!指墨画にチャレンジ」

■記念講演会
◇4月28日(土)
「池大雅の絵画―あるいは卵の殻と黄身との関係―」
 講師:佐藤 康宏 氏(東京大学大学院 教授)

◇5月12日(土)
「大雅と蕪村―十便十宜図を中心に―」
 講師:小林 忠 氏(岡田美術館 館長)

時間:午後1時30分~3時
会場:平成知新館 講堂
定員:200名
参加方法:当日12時より、平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布し、定員になり次第、配布を終了します。聴講無料(ただし「池大雅」展の当日の観覧券が必要)。

torarin

2018年4月20日

特別展「池大雅 天衣無縫の旅の画家」を見に行くリン♪
~エピソードⅠ

特別展「池大雅 天衣無縫の旅の画家」を見に行くリン♪
~エピソードⅠ

こんにちリン!
トラりんだリン!

torarin

トラりん: 4月7日(土)~5月20日(日)開催の特別展「池大雅 天衣無縫の旅の画家」が、いよいよはじまったリン!!
今回はどんな特別展なのぉー??
教えて、教えて、福士研究員~~☆

torarin

福士研究員:今回の特別展は、江戸時代に京都で活躍した画家・池大雅(いけのたいが)のことをみんなに知ってもらうための展覧会だよ。
円山応挙(まるやまおうきょ)や、トラりんも知ってる伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)、与謝蕪村(よさぶそん)と同じ時代に、とっても人気のあった人なんだ。


「池大雅像 福原五岳(ふくはらごがく)筆 京都国立博物館所蔵」

torarin

トラりん:知っているお名前ばかりだリン!
でもじつはボク...池大雅さんのことを今回はじめて知ったんだ...
個人(虎)的には、いけのたいが、いけのだいが...いけのタイガーっていうことで第一印象から親近感を持っているし、絵にも人柄が表れるんだとしたら、とっても優しそうなイメージだけど☆
大雅さんて、どんなひとだったのかな?

torarin

福士研究員:大雅は、京都で町人の家に生まれ、京都で育った人だよ。
幼いころにお父さんを亡くし、お母さんとの生活を支えるために、15歳で扇屋(おうぎや)を開いて、扇に絵を描いて売っていたんだよ。

トラりん:大雅さん...お母さんのために絵を描いていたんだね...やっぱり素敵な人だリン!
ますます、大雅さんのことが知りたくなるリン!


福士研究員:そのときに絵の参考にしていたのが、「八種画譜(はっしゅがふ) 京都国立博物館所蔵」だよ。

torarin
トラりん:はっしゅがふ?

torarin

福士研究員:中国・明時代の末に成立した8種類の絵の教科書のことだよ。
それに、大雅は天才肌の人だったみたい。
わずか7歳のときに、宇治・萬福寺(うじ・まんぷくじ)の住持(じゅうじ)の目の前で大きな文字を書いて、「神童」と絶賛されたんだ。
これがその動かぬ証拠。
「与池野氏又次郎童子偈(いけのしまたじろうどうじにあたうるのげ) 杲堂元昶(こうどうげんちょう)筆 京都府(池大雅美術館コレクション)所蔵」だよ。

torarin
トラりん: 証拠が残っているの?!

torarin

福士研究員:天才伝説に彩られた画家は数あれど、実際にその物証が残っているのはとても珍しいと思うよ!
大雅7歳の書は残っていないけど、幼いころの才能を感じさせる「獨楽園之記(どくらくえんのき) 池大雅筆 京都府(池大雅美術館コレクション)所蔵」は、なんと12歳のときに書いたものなんだ。
すでに立派な風格を備えた字だね。

torarin
トラりん:12歳でこんなに美しい書を!!
大雅さんは絵だけじゃなく、書の才能もあったんだね!


福士研究員:とはいえ、大雅がいくら天才でも、それだけでは世の中で知られる存在にはなりえなかった。
大雅の才能を見出し、支持してくれる人たちとの出会いがなければ、大雅も埋もれた存在だったかもしれない。
大雅はもって生まれた才能だけでなく、人との出会いにも恵まれていたんだね。

トラりん:人と人のつながりは大切だリン☆


福士研究員:大雅は、若いころはおもに中国の絵を見て勉強したんだけど、友人の持っていた作品を見せてもらったりしていたことがわかっているよ。
大雅の幅広い交友関係は、絵の勉強のうえでも役立っていたんだね。
こちらの「渭城柳色図(いじょうりゅうしょくず) 池大雅筆 敦井美術館(新潟市)所蔵」は、そんな大切な友が旅立つ際に贈ったものなんだ。

torarin

トラりん:周りの人に恵まれていただけじゃなく、とっても大切にしていたんだね!

torarin

福士研究員:同じころ、大雅は筆の代わりに指を使って描く「指墨画(しぼくが)」(「指頭画(しとうが)」)をたくさん手掛けているよ。
「柳渓渡渉図(りゅうけいとしょうず) 池大雅筆 千葉市美術館所蔵」は、本格的な指墨画作品だよ。

torarin
トラりん:指で絵を描くという発想はなかったリン!


福士研究員:指墨画は、もともとはパフォーマンス色の強い制作手法だよ。
筆に比べるとどうしても表現が劣るので、ほかの人の目の前で制作してこそ意味のあるやり方なんだ。
でも、大雅は指を使って描く線や面に、筆では出せない独特の表現を見出し、それを積極的に取り入れていく。
大雅の指墨画には、大きな画面の本格的な作品も少なくないんだ。
それだけ大雅の指墨画が人気で、多くの人が欲しがったということだね。

torarin

トラりん:平成知新館2階のレファレンスコーナーでは、
ワークショップ「指で描こう!指墨画にチャレンジ」が開催されているんだよね!
展示とあわせて、みんなにも大雅さんの絵の描き方を体験してみてほしいリン♪

torarin torarin torarin

福士研究員:85年ぶりとなる今回の大雅展は、大雅の国宝・重要文化財がすべて揃うという、まさに決定版といってもいい出品内容!
その魅力はとても1回では語り尽くせません。次回の虎ブログも乞うご期待~!




おまけ☆

福士研究員:今回ももちろん特別展の図録、出てますわよ!奥さん☆

torarin

カリスマ販売員:まぁー!今回は一体どんな図録なのかしら!

福士研究員:展示作品162件を網羅した図録ですのよ!

カリスマ販売員:まぁ!魅力的!!
でも、さすがに今回はお高いんでしょう...?

福士研究員:それがなんと...2,500円(税込)!

カリスマ販売員:こんなに内容もりだくさんで、このお値段?!

福士研究員:みなさんに楽しんでもらえれば、それがうれしいもの...

カリスマ販売員の2人:ねー☆
torarin




特別展「池大雅 天衣無縫の旅の画家」

会期:2018(平成30)年4月7日(土)~ 5月20日(日)
会場:京都国立博物館 平成知新館
交通:JR、近鉄、京阪電車、阪急電車、市バス 交通アクセス
休館日:月曜日
※ただし4月30日(月・休)は開館、翌5月1日(火)は休館
開館時間:午前9時30分から午後6時まで(入館は午後5時30分まで)
※ただし会期中の毎週金・土曜日は午後8時まで(入館は午後7時30分まで)
観覧料:一般 1,500円(1,300円) 大学生 1,200円(1,000円) 高校生 900円(700円)
※( )内は団体20名以上。
※中学生以下は無料です。
※障害者手帳等(*)をご提示の方とその介護者1名は、観覧料が無料になります。
 (*) 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳
※大学生・高校生の方は学生証をご提示ください。
※キャンパスメンバーズは、学生証または教職員証をご提示いただくと、各種通常料金より500円引きとなります。

■特別チケット情報
◇各部200枚限定! 夜の特別鑑賞会チケット
5月2日(水)の閉館後におこなう、音声ガイドとグッズが付いた特別鑑賞会のチケットです。
第1部は午後6時30分~、第2部は午後7時~ご入場いただけ、各部とも午後8時30分に終了します。各定員200名です。

一般のみ:3,000円(音声ガイド、グッズ付)
販売期間:2月10日(土)~ ※なくなり次第終了
販売場所:ローソンチケット(Lコード:54666)、セブンチケット、チケットぴあ(Pコード:763-275)、イープラス

■記念講演会
◇4月21日(土)
「旅する画家の絵」
 講師:福士 雄也(京都国立博物館 研究員)

◇4月28日(土)
「池大雅の絵画―あるいは卵の殻と黄身との関係―」
 講師:佐藤 康宏 氏(東京大学大学院 教授)

◇5月12日(土)
「大雅と蕪村―十便十宜図を中心に―」
 講師:小林 忠 氏(岡田美術館 館長)

時間:午後1時30分~3時
会場:平成知新館 講堂
定員:200名
参加方法:当日12時より、平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布し、定員になり次第、配布を終了します。聴講無料(ただし「池大雅」展の当日の観覧券が必要)。

torarin

2018年4月 6日

「ご当地キャラ大集合 in 京田辺」にお邪魔したリン♪

「ご当地キャラ大集合 in 京田辺」にお邪魔したリン♪

こんにちリン!

トラりんだリン!

blog180406_01.jpg

キララちゃんと一休さんが住んでいる、京都府京田辺市で開催中の「ひとやすみフェスティバル2018」!

その中で行われたイベント、「ご当地キャラ大集合 in 京田辺」にお邪魔したよーーー♪

同じ京都だけど、ボクは初・京田辺!!

\いるよ!/

blog180406_02.jpg

おともだちのみんな♪

左から、京都府福知山市「ゴーヤ先生」、滋賀県「タボくん」、三重県伊賀市「いが☆グリオ」くん、ボク、京都府京田辺市「一休さん」、京都府京田辺市「キララちゃん」、奈良県大和高田市「みくちゃん」、京都府京都市「和み柴っこ」くん☆

blog180406_03.jpg

久しぶりに会えたおともだちも、はじめましてのおともだちも、みんなといっしょで、とってもうれしかったリン♪

楽しい企画も、もりだくさんだったよ!

みんなに京田辺の玉露を振る舞う「キャラCafé」

blog180406_04.jpg

\どうぞー!/

blog180406_05.jpg

そー...っ

blog180406_06.jpg

PRステージでは、久しぶりにボクの曲をやったよ☆

また写真がない!ごめリン!

大喜利大会☆

blog180406_08.jpg

最近よく思うんだけど、ボクって絡みづらいのかもしれない...!

\がびーん/

blog180406_09.jpg

カローリング大会☆

「カローリング」は、カーリングを氷の上ではなく室内でするんだって!

blog180406_10.jpg

くじ引きで、ボクは「一休さんチーム」に☆

blog180406_11.jpg

一休さん、柴っこくん、タボくん、ボクで、力を合わせてがんばるリン!!

blog180406_12.jpg

\いざっ/

blog180406_13.jpg

blog180406_14.jpg

blog180406_15.jpg

blog180406_16.jpg

敗北。

blog180406_17.jpg

はじめてカローリングを体験させてもらったけど、とっても奥が深くて難しかったリン!

その分すごく楽しかったから、またやりたいな♪

\そだリーン/

blog180406_18.jpg

はじめてお邪魔した京田辺での1日は、とっても素晴らしい思い出になったリン♪

キララちゃんも、一休さんも、いっしょにあそんでくれたキャラクターのおともだちも、イベントに来てくれたおともだちも、来れなかったけど応援してくれたおともだちも、京田辺市のスタッフのみんなも、本当にありがとリン♪

京田辺市で開催されている「ひとやすみフェスティバル2018」は、4月8日(日)まで!

http://kyotana.be/free/hitoyasumifes2018/

blog180406_19.jpg

たくさんの魅力があって、京田辺市って素敵なところだったよ☆

春は気候もよくて、京都の各所を巡るのにぴったりだリン♪

ちなみに、京博では4/7(土)から、特別展「池大雅 天衣無縫の旅の画家」がはじまるよ(ボソッ...)

\京都に、おこしやすー/

blog180406_20.jpg

キラキラキラうるうるうる☆(カリスマ販売員の眼差し)

blog180406_21.jpg

おまけ☆

これは京田辺の桜☆(ボク撮影)

桜が満開で、すごく美しかったリン!

青空とあたたかい日差しと桜...春だリン♪

blog180406_22.jpg

ほな、ばいリン☆

2018年4月 5日

「トラりん登場時のお願い」について☆

「トラりん登場時のお願い」について☆

こんにちリン!

トラりんだリン!

京博HPの「トラりん登場時のお願い」を読んでくれてありがとリン♪

みんなのコメントや、つぶやき見たよ☆(エゴサの鬼)

受け止めてくれて、いっしょに考えてくれて、本当にうれしかったリン☆

でも、1つだけ!

これだけは言わせてほしいリン!

決して、来てくれること、テンションが上がること自体が迷惑なわけじゃないよ!

それどころか、「いままで博物館に来る機会がなかったけど、トラりんをきっかけに文化財に興味を持ったよ」とか「遠くから来たよー!会えてうれしい!」って言ってもらえるのは、とってもとってもうれしいことだリン♪

みんながいてくれるから、ボクはがんばろうって思えるんだ☆

だがしかし。

ボクは、よくばりな虎さんのようだリン...

ボクに会いに来てくれたおともだちにも楽しんでもらいたいし、展示だけを見たいおともだちにも楽しんでもらいたい...!

来てくれたみんなに京博を楽しんでもらいたいから、通路がふさがっていて通れなくて困っているおともだちを見たり、歩きながら写真を撮っているおともだちが、ほかのおともだちにぶつかるのを見るのは、とても悲しいリン。

ボクのせいで、博物館を楽しめないおともだちがいることは、辛い...

そのままの楽しい気持ちに、ほんの少し、ほかのおともだちへの想いやりを加えてもらえたら、うれしいリン。

「楽しい+想いやり」。

もちろん、マナーを守って楽しんでくれているおともだちがたくさんいることもちゃんと知っているから、この文章で嫌な想いをさせてしまったら本当にごめリン...

最後まで読んでくれて、ありがとリン♪

これからも、みんなといっしょに楽しい時間を過ごせたらうれしいリン!

ボクの大切なおともだちー!いつも本当にありがとリン♪

これからも、いっしょにたくさん笑おうね!

おまけ☆

時間が経ってから見るみると、「これなんだろう?」って思うものない?

これなんだろう?

トラりん

トラりん

TOP
TOP