京の伝統文化と子どもモノづくり体験

洛東ロータリークラブ創立30周年記念事業として、子どもたちが様々な文化に触れ、学ぶ機会となることをめざし、近隣の大学や協賛企業の協力を得て、2017年7月31日、京都国立博物館で「京の伝統文化と子どもモノづくり体験」が実施されました。

様々な専門家が、匂い袋や組み紐、仏像彫刻や和鏡の磨き体験、木工細工、和菓子や茶道など、伝統文化・工芸にかかわる工夫をこらしたプログラムを出展し、子どもたちは目を輝かせながら体験していました。また、コンサートやダンスの舞台もあり、にぎやかな一日となりました。博物館も、京博ナビゲーター(ボランティア)による体験プログラムや研究員によるギャラリートークを実施し、公式キャラクター「トラりん」も登場して、愛嬌を振りまいていました。

2,800名もの来場があり、参加者から「毎年開催してほしい」といった声が聞かれるなど、大変好評でした。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ