お知らせ

ICOM京都大会開催記念 風神雷神図屏風(高精細複製品)特別展示のお知らせ
―2019年9月5日(木)~16日(月・祝)

本展示は終了しました。

この度、国際博物館会議(ICOM)京都大会2019の開催を記念し、2つの「風神雷神図屏風」の高精細複製品を展示します。2つを間近にご鑑賞頂くまたとない機会ですので、ぜひお楽しみ下さい。
※展示期間中、平成知新館2F-5では「国宝 風神雷神図屏風 俵屋宗達筆」(京都・建仁寺)を展示していますので、もちろんこちらもご鑑賞ください。
ICOM京都大会開催記念 特別企画「京博寄託の名宝 ─美を守り、美を伝える─」

【展 示】
①高精細複製:俵屋宗達筆「風神雷神図屏風」 <制作>京都文化協会とキヤノンが推進する「文化財未来継承プロジェクト(愛称:綴プロジェクト)」 <所蔵>本複製品:京都・建仁寺、原本:同左
②高精細複製:尾形光琳筆「風神雷神図屏風」 <制作>文化財活用センター、キヤノン <所蔵>本複製品:文化財活用センター、原本:東京国立博物館
【期 間】
2019年9月5日(木)~16日(月・祝)
【場 所】
2019年9月5日(木)~6日(金):明治古都館
2019年9月7日(土)~16日(月・祝):平成知新館グランドロビー
【料 金】
無料 ※ただし、当日の観覧券(一般:520円)が必要
【ご注意】
9月7日(土)は、本作品の前で小・中学生を対象とした「文化財に親しむ授業スペシャル!」を開催します。授業中は近くでご観覧いただくことはできませんので、ご理解とご協力お願いいたします。
開催時間等詳細は、
ICOM京都大会開催記念 KYOTO博物館子どもフォーラム「文化財に親しむ授業スペシャル!」開催のお知らせ

俵屋宗達筆「風神雷神図屏風」
高精細複製:俵屋宗達筆「風神雷神図屏風」

尾形光琳筆「風神雷神図屏風」
高精細複製:尾形光琳筆「風神雷神図屏風」

更新日:2019/8/27

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ