お知らせ

観覧料改定のお知らせ

2020年4月から名品ギャラリー(平常展示)の観覧料を一般700円、大学生350円に改定いたします。

当館ではこれまで入札や業務の効率化などによる経費削減や寄附の拡充などの新たな収入の確保に努めてまいりました。しかし、近年の人件費や物価の上昇もあり、光熱水費、館内案内、環境整備、設備維持などの来館者の皆様に直接関わるランニングコストが、文化財の収集保管、保存環境維持など博物館の本来業務である経費を圧迫しております。国立博物館が新時代の博物館像を目指した挑戦を続けながら、文化財の保存と活用という本来担うべき使命を果たしていくためには、観覧料の見直しが避けることができないことをご理解いただきますようお願い申し上げます。

名品ギャラリー(平常展示)観覧料

  現行料金
(~2020年3月22日)
改定料金
(2020年6月23日~)
一般 520円 700円
大学生(学生証提示) 260円 350円

※団体料金は廃止となります。
※以下は改定いたしません。

※2020年3月23日から6月22日まで名品ギャラリー休止のため、名品ギャラリー改定料金の適用は2020年6月23日からとなります。 ※特別展「聖地をたずねて─西国三十三所の信仰と至宝─」(会期:2020年4月11日~5月31日)は別料金となります。特別展のページをご覧ください。特別展

掲載日:2020/01/30

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ