お知らせ

ICOM-DRMC年次大会開催のお知らせ ―2021年11月4日(木)・6日(土)

東日本大震災から10年が経った今、世界中の博物館や文化遺産は、地震、津波、火災、気候変動、さらに政情不安や紛争等、様々な災害の危機に瀕するとともに、新型コロナウイルス感染拡大の下で様々な課題に直面しています。
ICOM-DRMC(国際博物館会議 博物館防災国際委員会)は、博物館の防災について世界的規模で取り組むために、2019年のICOM京都大会において新たに誕生した国際委員会で、この度、同委員会の2021年の年次大会を、日本(東京・岩手)にて、2021年11月4日(木)から7日(日)に開催いたします。

11月4日(木)、6日(土)には、オンラインで参加可能なハイブリット方式(会議は日英同時通訳)のプログラムを開催しますので、この機会にどうぞご参加ください。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

日程、参加方法など、詳しくはこちら
ICOM-DRMC年次大会

ICOM-DRMC年次大会
ICOM-DRMC年次大会

掲載日:2021/10/14

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ