これまでの展示

特別企画 オリュンピア × ニッポン・ビジュツ
2021年6月 5日 ~ 2021年7月 4日

本展は、多神教を奉じた古代ギリシア世界と、日本の信仰風習とを対比させながら、当館収蔵の名品をお楽しみいただく企画です。

オリュンピアは、ギリシアの神々を統べる主神ゼウスを祀る特別な神域でした。そのオリュンピアで4年にいちど開かれる競技大会は、ギリシア全土に知られた重要な祭典でした。選手たちは、栄誉のために心身を鍛えあげ、神前に臨みました。ひとたび勝利すれば、連日の祝宴に酔いしれ、自身の肖像を神域に奉納する権利を手にし、地元では生涯にわたって好待遇を得ました。日本でも神々を祀り、神前で技を競い、心身を鍛えて、勝利を祝い、神々とともに宴を楽しみました。

日本美術の初心者にも上級者にも思いがけない発見の場となり、古代オリンピックに親しむ機会ともなれば幸いです。

6.鍛錬

オリンピックに出場できるのは、心身の健康に恵まれたうえに努力をおしまない選手たちです。東洋にも修業を重ねると人智を超えた存在になれるという考えがありました。仙人です。また、彼ら仙人や神仏に少しでも近づこうと、日本の山々では修験者たちが厳しい修行に励みました。

一方、古代ギリシアの選手たちは、医学や薬学、栄養学や夢占いにも頼り、優勝のために生活のすべてをかけました。大会の1ヶ月前にはオリュンピアの合宿所に入り、自らの限界まで肉体を鍛え上げました。この強化合宿は、脱落者が続出する予選のようなもので、当番医師や夢占い師が常駐したといいます。

金剛力士の肉体美、医学の神さまの肖像や夢日記、個性豊かな仙人や滋味深い京都の野菜を目の前に、大会直前の選手たちの気持ちに想いを馳せてみましょう。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵 「6.鍛錬」
重文 金銅錫杖頭 1柄 京都国立博物館
神農図
月舟寿桂賛
元信印
1幅 京都国立博物館
重文 福富草紙 巻上 2巻のうち1巻 京都・春浦院
重文 夢記
明恵筆
1巻 京都国立博物館
群仙図
劉敔筆
4幅
呂洞賓図
雪村周継筆
1幅
呂洞賓図
逸然性融筆
隠元隆琦題
1幅
穆王図
興牧筆
1幅 京都国立博物館
重文 果蔬涅槃図
伊藤若冲筆
1幅 京都国立博物館
春七草蒔絵杯
井波喜六斎(初代)作
7枚 京都国立博物館
(岡村健守氏寄贈)
鉈豆蒔絵螺鈿重箱 1合 京都国立博物館
(西村要象収集品
 西村太良氏・植春子氏寄贈)

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。
:音声ガイドで解説がお聞きになれます(展示期間のみ・有料・館内で貸し出し)。

本展示室以外の展示作品リスト

2F-1展示室【1.日本の神々】
2F-2展示室【2.古神宝】
2F-3展示室【3.神さまのお使い】
2F-4展示室【4.門前のにぎわい】
2F-5展示室【5.奉納競技】
1F-1展示室
1F-3展示室【7.古代オリンピックの初日から】
1F-4展示室【8.武装競走・近代競技】
1F-5展示室【9.勝者の肖像】
1F-6展示室【10.祝宴】

特別企画 オリュンピア × ニッポン・ビジュツ

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ