これまでの展示

特集展示 謎とき美術!最初の一歩
2018年7月21日 ~ 2018年9月 2日

お寺の襖に描かれた龍や虎、着物にデザインされた松竹梅など、京都の街なかでもよく見かける、あの生き物や植物には、どんな意味が込められているのでしょう。お子さまや海外からお越しの方など、初めて日本美術にふれる方におすすめの展示です。謎解きをしながら、美術を楽しんでみましょう。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵  
重文 雪裡三友図 玉畹梵芳等賛 1幅 京都国立博物館 音声ガイド
青花窓絵松竹梅図火入  1口
色絵松竹梅文高杯  1基 京都国立博物館
(岩佐静子氏寄贈)
音声ガイド
色絵金彩松竹梅文銚子  2口
独楽塗松竹梅蒔絵菓子椀 長野横笛作 20客のうち 京都国立博物館
(廣海春木氏寄贈)
松竹梅鶴亀文様打掛
(紅綸子地 染・繡)
1領 京都国立博物館 音声ガイド
松竹梅鶴亀文様打掛
(白綸子地 染・繡)
1領 京都国立博物館
重文 龍虎図屏風 単庵智伝筆 6曲1双 京都・慈芳院 音声ガイド
龍虎図 円山応震筆 2幅 京都国立博物館
(野村寿美子氏寄贈)
色絵龍虎文輪花皿(柿右衛門様式)  1枚
牡丹獅子文様掛下帯(浅葱繻子地 繡) 1筋 京都国立博物館
獅子牡丹蒔絵歯黒箱 1合 京都国立博物館
綾杉地獅子牡丹蒔絵徳利・椀蓋 1対・3口 京都・東福寺 音声ガイド
緑釉獅子牡丹貼花文鉢 楽左入作 1枚
染付牡丹唐獅子文鉢  1枚 京都国立博物館

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。
:音声ガイドで解説がお聞きになれます(有料・館内で貸し出し)。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ