これまでの展示

日本書紀成立1300年記念 特集展示
国宝「日本書紀」と東アジアの古典籍
2021年2月 4日 ~ 2021年2月28日

『日本書紀』は、わが国における最初の勅撰国史として、養老4年(720)5月21日に完成、奏上されました。令和2年(2020)は、成立から1300年という節目の年にあたり、これを記念して開催する特集展示となります。「古典籍」とは、古い時代に書写、あるいは印刷された和書・漢籍・仏典などの書籍をさします。京都国立博物館の所蔵する「岩崎本」「吉田本」という、国宝に指定される二つの「日本書紀」を中心に、時代を超えて受け継がれた、日本・中国・朝鮮半島の優れた古典籍をご覧ください。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵
国宝 日本書紀巻第二十二・巻第二十四(岩崎本) 2巻 京都国立博物館
国宝 日本書紀神代巻(吉田本)
卜部兼方筆
2巻 京都国立博物館

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。
:音声ガイドで解説がお聞きになれます(展示期間のみ・有料・館内で貸し出し)。

本展示室以外の展示作品リスト

1F-3展示室

日本書紀成立1300年記念 特集展示「国宝「日本書紀」と東アジアの古典籍」

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ