これまでの展示

文化財保存修理所開所40周年記念 特別企画
文化財修理の最先端
2020年12月19日 ~ 2021年1月31日

京都国立博物館文化財保存修理所は、指定文化財を安全に修理することを目的とし、1980年7月に設置されました。 公営修復施設としては日本で初めてのものであり、2020年には開所40周年を迎えました。これを記念し、近年の修復成果の中でも新発見をともなう、特に注目される作例を厳選し、展示いたします。

II. 修理がもたらした奇跡―修復で得られた発見―

文化財の修理では、仏像の胎内や絵の裏など、普段見ることができない部分をみることができます。その際、制作の秘密を示すような発見が得られることがあります。近年の修理によって得られた、画期的な新知見を紹介します。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵  
重文 兜率天曼荼羅図 1幅 京都・興聖寺 音声ガイド
  阿弥陀浄土図 1幅 京都・海住山寺
  興聖寺一切経のうち
大般涅槃経巻第二十六・
諸経要集巻第八・
悲華経巻第十
5261帖のうち3帖 京都・興聖寺

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。
:音声ガイドで解説がお聞きになれます(有料・館内で貸し出し)。

本展示室以外の展示作品リスト

2F-1展示室【Ⅰ 表具の価値―文化財としての表装―】
2F-3展示室【Ⅱ 修理がもたらした奇跡―修復で得られた発見―】
2F-4展示室【Ⅲ 最新の修復成果―ベストな修理を目指して―】
2F-5展示室【Ⅲ 最新の修復成果―ベストな修理を目指して―】
1F-1展示室【Ⅳ 彫刻の修理】
1F-3展示室【Ⅲ 最新の修復成果―ベストな修理を目指して―】
1F-4展示室【Ⅲ 最新の修復成果―ベストな修理を目指して―】
1F-5展示室【Ⅴ 修理 いまむかし―過去から未来へ―】

文化財保存修理所開所40周年記念 特別企画「文化財修理の最先端」

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ