これまでの展示

ICOM京都大会開催記念 特別企画 京博寄託の名宝
─初期狩野派の名作─
2019年8月14日 ~ 2019年9月16日

狩野派は400年もの長きにわたり、わが国の画壇に君臨した絵師集団です。初代の正信は室町幕府の御用絵師となってその礎を築き、2代目・元信に至って流派の体制は確立されました。ここでは、2人が描く水墨画の名品をご覧いただきましょう。端正でありながらも、けっして力強さを失わない画技の冴えを存分にご堪能ください。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵  
重文 竹石白鶴図屏風 狩野正信筆 6曲1隻 京都・真珠庵
重文 四季花鳥図 狩野元信筆 8幅 京都・大仙院
重文 瀟湘八景図 狩野元信筆 4幅 京都・東海庵
重文 楼閣山水図 伝狩野元信筆 1幅 京都・金地院

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。

本展示室以外の展示作品リスト

陶磁:京の社寺に伝わる陶磁器【3F-1展示室】
考古:寄託の国宝─出土遺物から【3F-2展示室】
肖像画:京の古寺と大画面の肖像画【2F-1展示室】
仏画:王朝文化の輝き─華麗なる平安仏画の世界【2F-2展示室】
近世絵画:京都の寺院障壁画【2F-4展示室】
近世絵画:江戸絵画の華【2F-5展示室】
彫刻:京都の仏像・神像【1F-1展示室】
中国絵画:名刹に伝わる宋元の名画【1F-2展示室】
書跡:京の社寺と国宝の書【1F-3展示室】
染織:神・人・仏を彩る染織【1F-4展示室】
金工:信仰をつなぐ金属工芸【1F-5展示室】
漆工:社寺が伝えた珠玉の漆器【1F-6展示室】

ICOM京都大会開催記念 特別企画「京博寄託の名宝 ─美を守り、美を伝える─」

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ