これまでの展示

ICOM京都大会開催記念 特別企画 京博寄託の名宝
─京都の寺院障壁画─
2019年8月14日 ~ 2019年9月16日

近年の目覚ましい複製技術の発達もあり、障壁画の寄託件数は増加傾向にあります。万全の環境下にある博物館で本物の魅力を味わい、寺院では高品質の複製画を建物とともに体感する。そんな事例も、少しずつですが増えてきています。文化財を永く後世に伝えていくためには、こうした保存と公開の両輪が欠かせません。いくつもの寺院の障壁画を一所で鑑賞できるのも、博物館ならではの醍醐味です。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵  
国宝 花鳥図襖 狩野永徳筆 16面のうち4面 京都・聚光院 音声ガイド
重文 雲龍図 海北友松筆 8幅のうち4幅 京都・建仁寺 音声ガイド
重文 山水図襖 長谷川等伯筆 16面のうち4面 京都・隣華院

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。
:音声ガイドで解説がお聞きになれます(有料・館内で貸し出し)。

本展示室以外の展示作品リスト

陶磁:京の社寺に伝わる陶磁器【3F-1展示室】
考古:寄託の国宝─出土遺物から【3F-2展示室】
肖像画:京の古寺と大画面の肖像画【2F-1展示室】
仏画:王朝文化の輝き─華麗なる平安仏画の世界【2F-2展示室】
中世絵画:初期狩野派の名作【2F-3展示室】
近世絵画:江戸絵画の華【2F-5展示室】
彫刻:京都の仏像・神像【1F-1展示室】
中国絵画:名刹に伝わる宋元の名画【1F-2展示室】
書跡:京の社寺と国宝の書【1F-3展示室】
染織:神・人・仏を彩る染織【1F-4展示室】
金工:信仰をつなぐ金属工芸【1F-5展示室】
漆工:社寺が伝えた珠玉の漆器【1F-6展示室】

ICOM京都大会開催記念 特別企画「京博寄託の名宝 ─美を守り、美を伝える─」

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ